プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

15km歩いて分かった「深遠」と「浅薄」。

皆さん、どもども。
うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。

今日、前の部署で一緒だったC先輩に誘われて外出した。
Cさんは約一ヶ月前にも私を気遣って河原町の散策に連れ出してくれた非常に後輩思いの優しい人である。
年は私より恐らく7,8才ほど上。
未婚でご両親も既に無く、おまけに親戚づきあいも途絶えかけているといういわゆる独居老人予備軍の一人である。
それゆえ孤独に対する危惧が半端なく強い。
休日は家に居るのが苦手で、とにかくどこか人のいる場所にでかけているらしい。
定年を迎えて行き場を失った時の事を考えると今から不安になるという。
そう考えると前の部署で私とそれほど親密ではなかったCさんが、今こうして私を気遣ってくれているのも或いはそういう孤独に対する危機感もあっての事かもしれない。

Cさんと私は今日、特に何の目的も持たずにただひたすら私の家の近所を散歩した。
散歩といってもそんじょそこらの生半可な散歩では無かった。
とにかく途中休憩なく三時間歩きっぱなし、距離にしてゆうに15km以上は歩いたと思う。
その間私たちは兎に角いろいろな事を話した。
会社の現状、人間関係、歴史、政治、桜巡り、とにかく思いつくままにしゃべりながら歩いた。
しゃべりながら私は、自分の意図することについてうまくしゃべれていない自分に気が付いて愕然とした。
やっぱり書くのと話すのでは使用する脳みその部位が少し違っているのだろうか?完全に退化している。
流石にネタも尽き、日も暮れようとしていたのを契機に私たちは夕食の為にある飲食店に入った。

2人で向かい合ってご飯を食べながら、Cさんが元気だったころの私について突然こんな事を言った。
「オペラ君ってよく後輩とか適当にからかって遊んでた印象があって、上手に周囲の環境に溶け込んでいるように自分には見えてた。
 僕はそんなキャラじゃなかったし、見ててすごく羨ましかったわ。
 せやから今こんな風になってるのがある意味信じられへん」
その時、私は自分が他人からこう見えていたことを知って驚きを隠せなかった。
確かにそう見えるように努力していた側面もあったかもしれない。
でもそれはあくまでも自分の居場所を”自分にとって居心地の良い場所”にするために作ったかりそめの自分であって、決して本質的な自分では無かったような気もする。
そう考えると、私が思う他人の姿もやはりかりそめの姿なのだろう?
「まさかあの人が!?」なんていう事件は枚挙にいとまがない。
Cさんは頭が良く物知りで、昔は仕事に行き詰った時なんかによく意見を聞かせてもらったこともあって、私からすればいわゆる尊敬できる先輩であった。
そのCさんでさえ他人のまとうかりそめの衣装のその下にまでは目が届かないのだ。
私はCさんとの会話で改めて人間の深遠さと同時に浅薄さを知った。

Cさんが別れ際にこんな事を言った。
「僕最近宴会には必ず出席するようにしてんねん。
 例えその場で一言もしゃべれなくてもとにかく出るようにしてる」
私からすると「嫌ならそんなに無理してまで出席する必要ないのに」と思うのだが、どうやら彼には彼の理屈があるようだ。
「慣れて済むんならとりあえず慣れるまでやってみようと思って。
 定年後の孤独を考えたら今のうちからもっと社会性を身に着けておかんとヤバいなと感じてんねん」
昔からCさんの事を知っている私にとってCさんのこの言葉は新鮮だった。
私の認識しているCさんは、何があっても常に動ぜず柳に風のような姿勢で飄々と生きているどこか達観した人間だった。
でもやっぱりそれもかりそめだったのだということをこの言葉を聞いて理解した。
やはり私は人間の深遠さと浅薄さを思わずにはいられなかった。

結局、他人は常に深遠で、自分は常に浅薄なのだ。
これは覚えておいた方が良い。
ありがとうCさん。
途中何故15kmも歩くことになったのか理解に苦しむ局面もあったが、最後にはなんか報われた様な気がする。
また歩きましょう。
……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。
よろしければポチッとお願いします。 



ブログランキング・にほんブログ村へ



拍手、コメント、それだけが励みです。
   ↓↓
関連記事

Operaベルニーニ、城南宮へ余計な14km。

皆さん、どもども。
うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。

注:写真整理の為の思い出ブログです。

先週、仁和寺の御室桜で桜の季節を終えたはずのここ京都。
それでも探してみるとやっぱりどこかには咲いているようで、いくつか見つけた候補の中から私は適当に次の目的地を選んでみた。
城南宮。
これまで行ったことは無い。
聞けば平安京遷都の際に都の安泰を祈願して京の南の端に創建されたお宮らしい。
当時、城南宮の立地は地理的に交通の要所であったため方除祈願のお宮として、そして現在はもっぱら交通安全祈願のお宮として尊崇されているとのこと。
なるほど現在の城南宮の立地は国道一号線と名神高速道路と更に鴨川までもが交差する奇跡のような場所だし、何となく交通安全に御利益がありそうな雰囲気は否めない。

「よし、とりあえず一号線を南下だ。
 そうすればそのうち京都市の南の端で城南宮と出会う事になるだろう」
ベルニーニで自宅を飛び出す時に私はそんな風に軽く考えていた。

国道一号線。
相変わらず自転車には厳しい道路だ。
トラックが恐ろしい勢いで私の横をすり抜けていく。
音が、風が、振動が、命の危機を私に知らせている。
すれすれを追い抜かされる時の恐怖をトラックのドライバーは知っているのだろうか?
それでもたまに距離をとって優しく追い抜いてくれる”出来たドライバー”もいる。
そういう時に私はいつもこう思う。
「この人は多分ロードバイクに乗ったことがある人だ」
私もロードバイクに乗り始めてから歩行者やサイクリストに極端に優しくなった。
その立場にならないと理解できない事があるのだ。
そういう意味において、私はトラックの運転免許の更新について一つ提案したい。
”ロードバイクで狭い幹線道路を走ってみる”
これを条件にするべきだ。
そうすればドライバーの歩行者やサイクリストに対する意識も随分変わるのではないだろうか?
そんな事を考えながら一号線を南に向けて走っていると、やがてこんな標識に遭遇した。

IMG_3323.jpg

「おいっ!! 
 もう京都市なんかとっくに抜けて久御山町どころか八幡市まで来てしまっているジャマイカ」
一体どうやったら一本道の目的地を7kmもオーバーできるんだ?
しかし気が付いてよかった。
危うくサイクリングではなくて旅にでるところだった。

という訳で同じ道をまた7km戻った。
今考えても本当に無駄に恐怖と怒りだけを覚えた14kmだった。
考えすぎるのも考え物である。

城南宮の入り口に着いたのだが、人気を全く感じなかった。
本当に大丈夫なのだろうか?

IMG_3324.jpg

鳥居から境内を覗いてもやっぱり人の気配を感じない。

IMG_3325.jpg

「このまま帰ろうか?いやでも折角無駄に14kmも走って着いたんだから」
ギリギリまでそんな煩悶を抱えながら参観料を払い、私は庭園に臨んだ。
城南宮は庭園内に様々な時代様式の庭を有するお宮である、らしいことを入ってから初めて知った。
まずは平安・室町の庭からである。

IMG_3331.jpg

IMG_3333.jpg

IMG_3340.jpg

「なるほど」
感想としてはこれ以外に思い浮かばなかった。

IMG_3344.jpg

IMG_3347.jpg

恐らくこの辺りは秋の紅葉シーズンにその真価を発揮するような気がする。
もしかすると人が少ないのはそのせいなのかもしれない。

IMG_3349.jpg

室町の庭は立て札によると「池泉回遊式」の黄金期の庭らしい。
「なるほど」
感想としてはこれ以外に思い浮かばなかった。

IMG_3354.jpg

IMG_3355.jpg

次は桃山の庭である。
「見つけた。桜だ」
ようやく一つ目的を達成したような気がした。

IMG_3356.jpg

IMG_3359.jpg

立ち寄った池に群れから離れて私の方に向かってくる錦鯉がいた。

IMG_3360.jpg

どんどん近づいてくる。

IMG_3361.jpg

そして到着。

IMG_3362.jpg

手を水に浸すと体を擦りつけてきた。
恐ろしく人に慣れた鯉だ。
今までどれだけ人に甘やかされてきたのだろうか?
その後、こいつは私が餌を持っていない役立たずだと分かるやいなや、すっと群れの方に戻っていった。
「まるで花街の芸者みたいだな」
鯉にしておくのはもったいない鯉だと思った。

鯉に品定めをされて失格の烙印を押された私は、そのままそのシビアな池を後にした。
そして最後、城南離宮の庭に到着した。

IMG_3372.jpg

辛うじて桜に会いまみえることが出来た。

IMG_3374.jpg

結局ここまで私は巫女さんとその他従業員以外の人、すなわち参拝客と全く会わなかった。
来る時期を間違えたのだろうか?
聞けばここは車の厄払いだけではなく自転車の御祓いもしてくれるという。
車一台6000円、自転車一台5000円。
おいっ、なんか比率的におかしくないか。
もちろん御祓いは御遠慮させて頂き、そのまま帰宅の途に就いたことは言うまでも無い。

……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。
よろしければポチッとお願いします。 



ブログランキング・にほんブログ村へ



拍手、コメント、それだけが励みです。
   ↓↓
関連記事

ルイガノ号でちょっとだけ嵐山。

皆さん、どもども。
うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。

実は一昨日まで帰省しておりまして、今ようやく気持ちが京都モードに切り替わってきたところです。
帰省についてはまた折を見て書くとして、今日は久しぶりにルイガノ号でポタリングをしてきたのでその勢いに任せてちょっとだけ。

先ほど京都モードと書きましたが、それは一体どんなモードなのか?
京都というイメージからしてさぞかし雅で落ち着いた感覚なのだろうという世間一般の京都イメージがありますが、私の表現する所の京都モードはそれとは一線を画します。
「気持ちが京都モード」、それはこれまで通り体がだるくて気持ちは鬱っぽいという、まあ単刀直入に表現すると「いつもの私」ということになります。

そんな私流の京都モードから脱するには、世間一般の京都モードに浸る事が一番だと思います。
「とにかく動こう」
そんな心持で私はルイガノ号で嵐山を目指したのです。

体を動かして血を巡らせると、頭の中がすっと楽になっていきます。
まるで脳内の老廃物が血でどんどん洗い流されていくような感覚です。
不思議な事に、疲れる作業をしているにもかかわらず体の疲れも徐々に取れていきます。
これも体内を巡る血の効果でしょうか?

心地いい春の日差しを全身に浴びながらゆっくりとペダルを回し、私は桂川に沿ってルイガノ号を走らせました。
「気持ちいい。あぁ気持ちいい」
気持ちいいまま嵐山到着です。

P1010001_20170502175913a9a.jpg

途中、家族やカップルでサイクリングを楽しんでいる何組かの外国人観光客とすれ違いました。
京都の狭くて交通量の多い道を走るのはさぞかし大変だろうと思いながら見ていたのですが、意外と名所旧跡巡りよりもこういう経験のほうが心に残るものなのかもしれません。
最近の観光客は実に旅慣れています。

嵐山の喧騒を過ぎ、今は春の名残りよりも夏の気配を強めている広沢の池まで足を延ばしました。
アヤメかカキツバタか知りませんがとにかく紫の何かが咲いていました。
どうやら桜はその(人にとっての)役割を完全に終えたようです。

P1010002_2017050217591136e.jpg

再び嵐山に戻り、そのまま帰路に就きました。
帰宅してシャワーを浴び、一息ついてからアイスコーヒーをすすりながらタバコをふかしました。
「あぁ、タバコが美味しい。健康な証拠だ。やっぱり止められねぇ」
こうして私は一瞬だけですが「京都モード」から脱出するのです。
……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。
よろしければポチッとお願いします。 



ブログランキング・にほんブログ村へ



拍手、コメント、それだけが励みです。
   ↓↓
関連記事