プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

Re:成熟した人格の基準、だと!?

先日私があげた記事の中で、アメリカの有名な精神科医が定義する「成熟した人格の基準」というものに対する疑問を書かせて頂いた。→『成熟した人格の基準、だと!?』

簡単におさらいすると、彼らの提唱する基準とは以下のようなものである。

1.関心が自分にのみ向いていない
2.関心が仕事に向いている
3.明確な目標と能率的な仕事の習慣を持つ

4.個人的な感情を統制できる
5.客観性を持つ
6.他人の批判や示唆を受け入れる
7.個人の努力に対して責任をもつ
8.新しい状況に現実的に対応する


私が香山リカ氏の著書を拝読し、共感したのが主に上記2,3に対する疑問である。

なぜ成熟した人格と仕事が関係あるのか?
では、仕事を引退した方、或いは自己実現、社会奉仕の為に仕事ではなく違うアプローチを取って生活する方の中には人格者はいないというのか?

近年(といっても20年以上前だが)西洋諸国から持ち込まれた成熟した経済といわれる、あくまで功利主義に重点をおいた資本主義経済社会の中だけの定義、基準であるのなら確かに2,3が重要視されるのは理解できる。

しかしちょっと待って欲しい。

それと人格を直結させるのはどうなのだろうか?
人格とは、その他にも倫理、道徳など、様々な要素が融合して形成されるものなのではないのか?

前述したように、現役引退後、ますますその人格に深みを増し、社会に対する影響を深く広範囲に与え続けている人だっているじゃないか。

よって、私なりに項目2,3の部分が以下のように書き換えられるなら、かなりの汎用性、普遍性を持つ基準になりうると思うのだが。

2.感心が社会に向いている
3.より良い影響を社会に対して与え続けられる習慣を持つ


こう書き直すと、まだ納得できるのではないだろうか。

ただし、社会との関わりにおいて、いくらツイッターのフォロワーが1万人だろうと、大企業の社長だろうと、重要とすべきは影響を受ける人数だけではない。
影響力を体積で考えると解りやすいのではないだろうか。

例えば、1万人のフォロワーを抱える人のそのつぶやきが、結局だれの感性にも届かなければそれは厚みが0のただのつぶやきであって、それを何回繰り返しても体積は0のままである。
或いはマイナスの影響を与える事だってあるかもしれない。

しかし、友達、恩師、或いは知り合いのたった一言でその後の人生が大きく変わった人だって世の中には少なからずいるはず。
その恩人は、決して大勢に影響を与えている訳ではないが、体積で考えると1万或いは10万、いやそれ以上の社会的影響力を発揮したことになる。

こう考えると、円熟した人格の基準とは、資本主義経済における合理化、効率化に特化した人間だけをその対象とするのではなく、その他社会、地域、時代、倫理、道徳を含めたもっと広義な意味をもつ基準として考えるべきだと個人的には思っている。

以上、独り言でした。



……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。
拍手、コメント
、それだけが励みです。よろしくお願い致します。
        ↓↓

opera595さんのランキング集計結果
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。