プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

暴走おじいさん――再び。

皆さん、どもども。
うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。

それは週一の定期診療に出かけようと自宅前の駐車場に向かって歩いている時だった。
「あのぅ、すいません」
突然背後から私を呼び止める声がした。
振り向くと、そこには一人の老人が申し訳なさそうな微笑を湛えて立っていた。
(どっかで見たような気が……)
老人は続けて言った。
「いやぁ、あの時はすいませんでした」
「あっ!」
私はここでようやく気が付いた。
そこに立っていたのは忘れもしない今年の一月、ほぼ自殺テロに近いと言っても良いような攻撃をこの駐車場で私の車に対して実行したあのおじいさんではないか!

*その時の記事ー暴走おじいさん――前編。

私が一目見て分からなかったのは無理もなかった。
おじいさんはまるで某ライザップのCMのように見事にシェイプアップされ、死んだ魚の様だった目には輝きが戻り、何しろ自力で二足歩行をしていたのだから。
車の修理代云々で色々あったあの時以降、私はそれとなくおじいさんの事が気になって何度か彼の部屋まで足を運んだことがあった。
しかし事故当時ほぼフリーアクセスだった玄関の扉は固く閉ざされ、深夜の窓からも光は一切洩れてこず、電力使用を示す金属の円盤はほぼ回転を止めていた。
どうやら部屋にいない事は間違いないなさそうだ。
多分入院したのだろう。
それから約5か月が過ぎようとしていた。
廃車寸前のおじいさんの車はそのまま放置されていたので、その車を目にするたびに私は彼の事を何となく思い出してはいたものの、やがてそれらは日常における当たり前の風景の一つとなっていた。
そんな状態での今回の邂逅である。

「つい最近退院しましてん」
「大丈夫だったんですか?」
それから老人は入院の経緯について話し始めた。
要約すると、両眼を手術し、ついでに心筋梗塞の兆候も見られたのでその治療も行ったとのことだ。
もっと要約すると、当時はほぼ目が見えておらず、おまけに心臓が止まりそうな状態で車を乗り回していたという事だ。
改めて思った。やっぱりテロだ。
おじいさんの声には力があり、表情には余裕がうかがえた。
小粋なジャージに身を包み、タバコ片手に実に堂々と振る舞っていた。
当時の姿からはとても想像できないまっとうな社会人ぶりである。
しかし何はともあれ無事で良かった。
「元気になられて何よりです」私は誠意を込めてそう言った。
「有難うございます。私お宅にお伺いしてちゃんと謝ろうと思ってたんですが、何しろ部屋番号を知らなくて」
私は彼に部屋番号を告げ、それから一つ気になっている事をそれとなく、あくまでごく自然に訊ねてみた。
「そういえば車どうするんですか?」
「あぁこれ!?もう廃車しますわ」
良かった。
病気が治ったんで車も直してこれからガンガン乗り回しますよ、なんて言われたらどうしようかと思った。
私は安堵のあまり多少大げさに彼の考えに賛同した。
「うんうん、それが良いと思いますよ。お金もかかりますしね。私もそうすべきだと思います」
それからホッとしたついでにこんな事も訊いてみた。
「ところでここで何をなさっているのですか?」
おじいさんは威風堂々と答えた。
「散歩ですわ」
(何故この狭い駐車場でタバコ片手に散歩を?
 私以外の人が見たら間違いなく車上荒らしの不審者にしか見えないだろう。
 おじいさん、元気になったのはいいがくれぐれも通報されないように気を付けてください)
私は心の中で彼にそう語りかけた。

おじいさんと挨拶を交わして別れた。
車に乗って再びおじいさんの方に目をやると、一心不乱に駐車場の中をぐるぐる歩き回っている彼の姿が見えた。
駐車場の中とはいえ、歩くことで生の喜びを感じているのだろうか?
どうやら暴走おじいさんは徘徊おじいさんへと変化したようだ。

病院に向けて車を走らせる道中、いつもなら暗く沈むはずの私の心は不思議と暖かかった。
たとえ赤の他人とはいえ、たとえ出会いは不幸だったとはいえ、これもきっと何かの縁。
そんな縁を共有する人が今度は幸せそうな顔で私の前に現れた。
おじいさんは孤独である。
おじいさんは病気を患っている。
おじいさんは経済的に余裕が無い。
ついでにおじいさんは私の車の修理代のローンを背負っている。
でもおじいさんは明るくて幸せそうだった。

ちなみに私はこの日の診療で薬が一つ減った。
もしかして、おじいさんの福にあやかった御利益なのだろうか?
その時思い浮かべたおじいさんの背中に天使の羽が見えたような気がした。
……いやいや、さすがにそれは言い過ぎか。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。
よろしければポチッとお願いします。 



ブログランキング・にほんブログ村へ



拍手、コメント、それだけが励みです。
   ↓↓
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。