プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

ルイガノ号でちょっとだけ嵐山。

皆さん、どもども。
うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。

実は一昨日まで帰省しておりまして、今ようやく気持ちが京都モードに切り替わってきたところです。
帰省についてはまた折を見て書くとして、今日は久しぶりにルイガノ号でポタリングをしてきたのでその勢いに任せてちょっとだけ。

先ほど京都モードと書きましたが、それは一体どんなモードなのか?
京都というイメージからしてさぞかし雅で落ち着いた感覚なのだろうという世間一般の京都イメージがありますが、私の表現する所の京都モードはそれとは一線を画します。
「気持ちが京都モード」、それはこれまで通り体がだるくて気持ちは鬱っぽいという、まあ単刀直入に表現すると「いつもの私」ということになります。

そんな私流の京都モードから脱するには、世間一般の京都モードに浸る事が一番だと思います。
「とにかく動こう」
そんな心持で私はルイガノ号で嵐山を目指したのです。

体を動かして血を巡らせると、頭の中がすっと楽になっていきます。
まるで脳内の老廃物が血でどんどん洗い流されていくような感覚です。
不思議な事に、疲れる作業をしているにもかかわらず体の疲れも徐々に取れていきます。
これも体内を巡る血の効果でしょうか?

心地いい春の日差しを全身に浴びながらゆっくりとペダルを回し、私は桂川に沿ってルイガノ号を走らせました。
「気持ちいい。あぁ気持ちいい」
気持ちいいまま嵐山到着です。

P1010001_20170502175913a9a.jpg

途中、家族やカップルでサイクリングを楽しんでいる何組かの外国人観光客とすれ違いました。
京都の狭くて交通量の多い道を走るのはさぞかし大変だろうと思いながら見ていたのですが、意外と名所旧跡巡りよりもこういう経験のほうが心に残るものなのかもしれません。
最近の観光客は実に旅慣れています。

嵐山の喧騒を過ぎ、今は春の名残りよりも夏の気配を強めている広沢の池まで足を延ばしました。
アヤメかカキツバタか知りませんがとにかく紫の何かが咲いていました。
どうやら桜はその(人にとっての)役割を完全に終えたようです。

P1010002_2017050217591136e.jpg

再び嵐山に戻り、そのまま帰路に就きました。
帰宅してシャワーを浴び、一息ついてからアイスコーヒーをすすりながらタバコをふかしました。
「あぁ、タバコが美味しい。健康な証拠だ。やっぱり止められねぇ」
こうして私は一瞬だけですが「京都モード」から脱出するのです。
……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。
よろしければポチッとお願いします。 



ブログランキング・にほんブログ村へ



拍手、コメント、それだけが励みです。
   ↓↓
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す