プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

Operaベルニーニ、桜を求めて半木の道、上賀茂神社、仁和寺へ――その1。

皆さん、どもども。
うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。

桜を求めて京都中ウロウロしていたことが、もう遠い昔のように感じる。
取りあえず撮った写真をアルバム代わりにブログにUpしているのだが、更新がどうにも追いつかない。
やっぱり思い出は頭の中で日々風化しているようで、写真を見ても当時の心境を的確に思い返す事が出来ない。
最近口内炎が出来た。やっぱり疲れているのだろうか?
そういえば睡眠も浅い。
少し落ち着こう。
これが人生最後の花見じゃあるまいし。

(写真を見る限り)この日は好天に恵まれた一日だった。
「折角なのでベルニーニで今まで行ったことがない桜の名所を訪れてみよう」
こう思ったかどうかは今となっては定かではないが、とにかくペダルを回すことが無性に心地よかったことだけは覚えている。
目指すは半木(なからぎ)の道。
鴨川左岸の北山大橋と北大路橋との間を結ぶ散策路の事であり、春を彩る紅八重枝垂桜のトンネルが有名である――ことを私はこの前日に知った。
隣が府立植物園なので、そことの合わせ技でこの道を訪れる人も多いだろう。
だが私は違う。そして理由は特にない。
私が植物園を訪れる季節はなぜかいつも決まって冬なのである。
特に観るものも無いのに……何故だろう?
などと、記憶喪失の私はとりあえず今振り返って頭に浮かんだ疑問を適当に述べてみた。

記憶はないがどうやら到着したようだ。
桜の多さ以上に人の多さにまず驚いた。

IMG_3248.jpg

多少戸惑いを感じつつ、私は北大路橋から北山大橋に向けて散策を開始した。

IMG_3250.jpg

視線を少し上げると紅色の桜が大量に枝垂れていた。
私は桜に包まれて歩いている。

IMG_3252.jpg

視線を少し下げると色々な人間が大量にうごめいていた。
同時に私は人に包まれてもいるのだ。

IMG_3255.jpg

紅色の枝垂桜の隙間からのぞく青い鴨川はとても涼やかに見えた。

IMG_3256.jpg

桜のトンネルはその密度を保持したまま永遠に延びているかのようだった。

IMG_3257.jpg

まさに満開花盛り。
人々が浮かれ、そして私も浮かれている理由が垣間見えた。

IMG_3258.jpg

紅枝垂桜の系統図である。
サクラ属に”もも”と”すもも”が属していた。
「”スモモ”も”モモ”も”モモ”のうち」という早口言葉?言葉遊び?があるが、これをみる限り
「”スモモ”も”モモ”も”サクラ”のうち」が正確な表現ではないだろうか?
などとどうでもいい事を思った(ような記憶が確かにある)。

IMG_3264.jpg

IMG_3265.jpg

北山大橋まで歩き、そこから半木の道を振り返った。
その中に居て楽しむのも良いが、こうして俯瞰して観てみるのも悪くないと思った。
昔の人はさぞかし苦労してこの景観を作ったのだろうと、その時私は感慨深く思った(はずである)。

IMG_3266.jpg

今度は外側の散策路を通って北大路橋へ折り返す。
時々桜の花びらが舞い散り、トンネルとはまた一味違った趣を覚えた(はずである)。

IMG_3269.jpg

IMG_3271.jpg

逆から見てもやっぱり盛大に咲いている。
これだけ咲けたらさぞかし気持ちの良いことだろう。
気持ちよさそうな桜の下を気持ちよさそうに人が歩いている。
今この空間は、気持ちいいエネルギーで満ち満ちていた(はずである)。

IMG_3273.jpg

ベルニーニのある北大路橋側へ到着。
そして何となく桜の前に引っ張り出して一枚。

IMG_3275.jpg

「このまま帰るのはもったいない」
私の足はそのまま上賀茂神社へ向くこととなった。
……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。
よろしければポチッとお願いします。 



ブログランキング・にほんブログ村へ



拍手、コメント、それだけが励みです。
   ↓↓
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す