プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

レトロウェアコレクション!!

皆さん、どもども。

うつボッチオペラです。

腰を痛めて早一週間、もうそろそろ自転車にも乗れるかな、などと思い立ち、今日は借りていた本を図書館まで返却に行ってまいりました。

腰をいたわりつつ、やや珍妙なフォームでセカンドバイク(Look595ではない)を駆る私。
ペダルをクルクル回す分には支障が無い事を確認し、これまで使った事の無いような骨盤周りの筋肉が活躍しているのを感じました。

最近ちょっとSF小説なぞに興味を持ちまして、本日返却したのもその類の本です。
まあその紹介、感想などはまたの機会にするとして、
今回はロードバイクにおける私の未だ公開していないこだわり、それについて紹介したいと思います。

街乗り、ポタリング以外、本来の意味においてロードバイクに乗る事とは即ち、走り続けて走りっぱなし、人の目など気にせずただただ体力の続く限り長時間乗り続ける事なのです

その為には着用するウェアも結構重要な役割を担うことになります。

動きを邪魔せず、あくまで軽量で、通気性を確保しつつ体温の維持も考慮する、突き詰めていくとどこまでも奥深いものになっていくのですが、最新の衣料メーカーはその化学繊維技術の粋を極めている感があります。

しかしながら、しょせんヘタレローディーの端くれに位置する私なぞは、その恩恵はただ単に自己満足に過ぎない場合がほとんどであり、見た目重視で軟派系の私にとって、ロード用ウェアに対してはファッション性をやけに気にする傾向があります。

そこで私の趣味嗜好として、オールドウェア、つまりレトロ系に妙に惹かれてしまい、ついついネットで見かける度にポチッとしてしまう習性があるのです。

まあコレクションというほどでも無いのですが、以下私の所有するロード用ウェアの一部を紹介します。
いずれもドイツ、イタリア或いはベルギー製のレトロウェアです。



1.前にも後ろにも大きく”FREE TIME”と描かれているロゴに一発でやられました。

PA150266.jpg PA150272.jpg


2.意味不明の言語と、青背景に斜めに走る赤線に惚れました。
PA150267.jpg PA150271.jpg

3.色使いがもろ私好みです。その上昔ながらのニット素材なのもグーです。

肌触りが良く、こいつは街乗りにも結構着たりしています。
PA150268.jpg PA150269.jpg

4.長袖のレトロウェアでカッコいいのってなかなか無いんですよ。
その中でもこいつはピカ1です。
レトロ感満載でしょ。
PA150264.jpg PA150270.jpg



以上コレクションの一部ですが、イタリア製は別として、ドイツ製とかベルギー製のウェアは気をつけなければいけない事があります

何かというと、”サイズ”です。

私は身長183cmで日本では大柄ですが、ドイツやベルギーのウェアではM或いはSです。
昔日本のサイズ感覚でベルギーのLを購入したことがありますが、もうほとんどスカートになるような丈でした。
北欧系の巨人ぶりを舐めてはいけません!

あと、レトロジャージが好きな私なのですが、あくまでジャージだけですからねっ!
下、つまりショーツはさすがに無理です。
ヨーロッパ人の巨根がグリグリ押し付けられたショーツを、いくらちゃんと洗っているからといっても履く気にはなれません。
あしからず!

でも売ってるんですよ、ショーツも!!
一体どんな人が買うんでしょうね?


さあ、如何でしたでか?
ロードバイクって色々な楽しみ方がありますよね。

それでは、また。

……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。
拍手、コメント
、それだけが励みです。よろしくお願い致します。
        ↓↓

opera595さんのランキング集計結果
ブログランキング・にほんブログ村へ

 
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。