プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

ルイガノ号でポタリング。

皆さん、どもども。
うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。

ここ数日というものジョギング以外全く外出せず、引きこもり具合がかなり加速しつつある自分に少なくない危機感を募らせる私。

相変わらず夜は眠れず、布団に入る時間は限りなく朝に近づき、生活のリズムを整えることを意識すればするほど逆に崩れていくという悪循環。

何とかしなければ。
とにかく近所をウロウロするだけでもいい。
外に出よう。

という訳で特に目的も無く、いや強いてあげれば外に出る事自体を目的としてルイガノ号を駆って外出したのです。




ゆったりと近所を流していると、ふと視界の中に飛び込んでくる強烈な色感。

それは、ある一軒家の庭先に咲く、いかにも夏という感じの花達でした。

IMG_1821.jpg

IMG_1822.jpg

強烈な日差しに照らされながら鮮やかに咲き誇るそれらの花を観ているうちに、徐々に心が高揚してくるのを感じ始めた私。

とりあえずそのままルイガノ号に跨って、大通りや自転車道ではなくあえて細い路地を選び、私はゆっくりとポタリングを続けました。

周囲の景色を愛でながらしばらくダラダラと走っていると、そこは桂川に合流する小道でした。

IMG_1823.jpg

そのまま桂川沿いに北上すると、見えてきたのは渡月橋でした。

IMG_1824.jpg

休憩所に腰掛け、川の奥から吹き込んでくる涼しい風に身を任せていると、心地良さのあまり危うくそのまま寝てしまいそうになりました。

同じ京都でもここはクーラーなど全く必要無いようです。

思うに街中が暑いのは、やっぱり道路のアスファルトやビルのコンクリートなどから放射される熱のせいなのでしょう。

本来あるべき自然が揃っていれば、京都の夏でさえこんなにも過ごしやすくなるものなんだなと妙に納得させられてしまいました。

IMG_1825.jpg

しばらく休憩所でボーッとしていると、小学生が入ってきました。

腰掛ける瞬間に私と目が合った彼は、
「こんにちは」と私に挨拶を投げかけてきました。

中々礼儀正しい小学生です。

どうやら彼は夏休みの宿題の絵を描きにここまで来たようです。
(何か似たような状況が遠くない過去にもあったような気が……)

「この木だけは描かんと」
そうその小学生は呟き、一生懸命に下書きに取り組んでいました。
(渡月橋に来てんのに橋じゃないのか?)

しばらくして再び彼の方を見た時、彼は何故かゲームに勤しんでいました。
どうやら、絵に飽きた時用にNintendo-3DSをきちんと用意していたようです。


休憩所を出て空を見上げると、夏らしい真っ白な雲がどこまでも続いていました。

IMG_1826.jpg

IMG_1828.jpg

私は再びルイガノ号に跨り、そのまま少し上流の方まで移動しました。

IMG_1829.jpg

蝉が全力で鳴いていました。
自分の人生の終焉が近い事を悟ったかのように。

IMG_1831.jpg

気が付くと春が終わっていたように、夏もやっぱり駆け足で私の前を通り過ぎようとしています。

ぎらつく太陽の下、蝉の鳴き声を聞きながら、時の流れの虚しさを川の流れに見た気がした夏のひと時でした。


……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。

ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。 
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング・にほんブログ村へ




拍手、コメント、それだけが励みです。よろしくお願い致します。 

   ↓↓
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す