プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

哲学の道から南禅寺まで散歩。

皆さん、どもども。
うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。

銀閣寺前でバスを降り、そのまま寺へ繋がる通りを南北に横切る小川沿いの小道。
そう、分かりにくいですが『哲学の道』です。

IMG_1621.jpg

明らかに桜か紅葉の時期にその魅力を発揮するこの道に、何故今行ったのか?
それは私にもよく分かりません。
ただ、「どこでもいいからとにかく外に出ないと!このままでは廃人と化してしまいそうだ」
というある種強迫観念にも似た感情が常に頭の中で幅を利かせていた事は確かです。

銀閣寺まではバスを使いました。
自転車でも良かったのですが、服装やら靴やらを考えるとどうしても歩くことに重点を置いた出で立ちにはならないという非常に個人的な理由から、今回はあえて公共交通機関を活用したのです。

バスの中は恐ろしく混んでいました。
恐らく、途中に八坂神社や清水寺、平安神宮などを通過する観光ゴールデンコースを通るからなのでしょう。
私の席の周囲には韓国語と中国語が飛び交っていました。

さて、哲学の道です。

さすがにこの時期、この道を通る人はほぼいないようで、あれだけ賑やかだったバスの中が嘘のように思えました。

IMG_1625.jpg

哲学の道は、疎水に沿って南北に1.5kmほど続いています。
この時期、この梅だけが唯一の明るい色彩でした。

IMG_1626.jpg

私は何も考えずに淡々と歩きました。

IMG_1627.jpg

1.5kmの道のりは想像していたよりも遥かに早く終焉を迎えました。
本当にあっけなかったです。

IMG_1628.jpg

仕方がないので更に南下しました。
そして禅林寺の前を素通りしました。

IMG_1631.jpg

結局、南禅寺に到着しました。

IMG_1632.jpg

無駄にデカい山門を見上げながら、自分が今ここにいる不思議を暫くぼーっと考えていました。

IMG_1634.jpg

南禅寺といえば水路閣です。

IMG_1635.jpg

IMG_1636.jpg

橋をくぐって階段を登ると庭園への入り口にたどり着きます。

IMG_1637.jpg

有料なので隙間から内部をチラ見しました。

IMG_1638.jpg

更に登って奥に進むと水路閣の上に出ます。
特に何をするでもなく、問題なく水が流れている事だけを確認しました。

IMG_1639.jpg

水路に沿って奥に進むと何気に哲学の道っぽい小道が現れます。
更に更に奥に進むと行き止まりでした。

IMG_1641.jpg

どうも気分が高揚してこない。
何故か天気の良さに反比例するように私の心は急速に曇っていきました。

結局、私はそのまますごすごと南禅寺を去りました。

IMG_1644.jpg

帰りは京都市立美術館の辺りまで歩いて、その付近でバスに乗りました。
恐ろしく混んでいました。

人の群れの中でバスに揺られているうちに、私は少し頭が重くなってきたように感じました。

京都駅で電車に乗り換える頃、既に辺りは薄暗くなっており、空気は徐々に冷えてきているようでした。

その時、私は軽い頭痛を感じ始めていました。
強いストレスを感じた時に起こるあの嫌な感じの頭痛です。

リラックスする為に出かけたはずなのに。
意気の掲揚のために出かけたはずなのに。

私は何か無理をしてしまったのでしょうか?
バスと電車の人混みの毒気にあたったのか、時期でもない観光スポットの寂寥に心削られたのか、私は自分でも判然としない抑うつ感に包まれたま帰宅しました。

結局頭痛は次の日の朝、頭痛薬を服用するまで続きました。

「やっぱり自転車を活用しないとダメなのか?」
一晩考えた末の結論です。

……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。

ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。 
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング・にほんブログ村へ




拍手、コメント、それだけが励みです。よろしくお願い致します。 

   ↓↓
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す