プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

鬱の番組に対する愚痴と非難。

皆さん、どもども。
うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。

普段TVなど、特に民放など全く見ない私なのですが、最近たまたまそのタイトルに惹かれて録画まで行った番組があります。

それは鬱について取り扱った番組で、下らないクイズと体験者の証言を交互に絡ませて進行する体裁をとっていました。

体験者の一人に精神科医の方がおられました。

私は「精神科医でも鬱に罹ったりするんだな」などと思いながら興味深く見入っていました。

彼が鬱に罹った原因は、診療中にふとしたきっかけで発症した突発性難聴およびメニエール病によって、医師としての自分の将来に希望を見出せなくなってしまったことのようでした。

そこから番組は彼が如何にして鬱を乗り越え、どのように現在浴する幸せな生活を取り戻したかという展開に移っていきました。

まず彼が行ったのは、十代の頃に取り組んでいたギターを引っ張り出してきたことです。

彼は同僚の医師から「下らない事をやりなさい」というアドバイスを受け、そういえば自分も自分の患者に同じような事を言っていたなあと改めて医師として自らを顧みるのです。

その後も彼は、鼻をかんだティッシュをゴミ箱に捨てる、使った食器を流しに戻すなど、つまらなくてもまず自分に出来る小さなことから日常をとり返していくことを心掛けました。

そして、克服。

えっ?

私は何か引っかかりを感じて、頭の中でもう一度そのストーリーを振り返りました。

そういえば難聴の件はどこに行った?

かれは本当にギターで鬱を克服したのか?

もしそうなら私なんてギターもアコースティックとエレキの二台、その上アンプシミュレータまで購入して弾いていた、というより鳴らしていた。

たまにだけどロードバイクも乗っているしジョギングはほぼ毎日している。

おまけに読書もブログも。

下らない事なら私の方が遥かに一杯やっているぞ。

もしかして、もしかすると、彼はただ単に突発性難聴が、メニエール病が完治しただけなのではないだろうか?

そして昔のように明るい未来が目の前にくっきりと描くことが出来るようになっただけなのではないだろうか?

そもそも難聴なのに何故ギター?

医師の将来に不安を覚えた理由が「耳は精神科医の命ですから」などと宣っていたが、それを言うならむしろギターの方だろう、と突っ込みたくなりました。

私の心は曇っているのでしょうか?

どうもこのストーリーには恣意的な何かを感じずにはいられませんでした。

以前何度かブログにも書きましたが、『うつとは将来をうまく描けなくなることである』と誰かが言っていました。

精神科医の彼は無事未来を描けるようになって回復したことは間違いなさそうですが、その要因を無理やり簡単で下らない趣味へと結び付けようとする番組の狙いが垣間見えた気がするのは私の気のせいでしょうか?

私には「こんなに重く苦しい病も回復のきっかけは意外とこんなことだったりするんだよ」と言いたげな、結論ありきのストーリーに聞こえるのです。
そもそも「難聴治ったら鬱も治った」ではTV番組にならないのでしょう。

やっぱ民放のドキュメント(いやこの番組は只のクイズ番組か?)はダメだ。
まだ某NHKの方がいくらかはマシ。

以上、愚痴と非難のブログでした。

……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。

ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。 
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング・にほんブログ村へ




拍手、コメント、それだけが励みです。よろしくお願い致します。 

   ↓↓
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。