プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

2016年正月帰省。母のスナップに見た生き様。

皆さん、どもども。
うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。

帰省していました。

京都を発つ日、きちんと朝起きられるように睡眠剤を多めに服用したのが災いし、目が覚めると昼の二時を回っていました。

急いで用意をして車に乗りこんだものの、瀬戸大橋を渡る頃にはとっぷりと日が暮れていました。

以下は与島SAでの写真です。

IMG_1333.jpg

IMG_1336.jpg

無事帰省した私は、どこか居心地の悪い実家の居間で夕食のテーブルに着きました。

次から次へと繰り出される御馳走をゆっくり味わう余裕も持てないまま、私は狭い視界の中で単調な往復を繰り返す自分の箸の動きだけを追っていました。

ふとテーブルの奥の皿へ向けた視線の先に、一枚の写真が飾られているのに気が付きました。

「母だ。旅行先での一枚か。笑っている」

それは、年に何度か知り合いと旅行するのが趣味である母の旅先でのスナップでした。

仲間の誰かに撮ってもらったのでしょうか、観光名所を背景に嬉しそうな笑顔です。

「楽しそうだな。しかし毎日写真の自分と対面しながら飯を食ってるのか?」

数年前から写真の存在には気付いていたものの、改めて面前にそれを捉えると私は何だか妙な感じがしてきました。


ふと思い出したように、私は右を向きました。

「ここにも別の観光地での一枚が飾られている。もちろん母のスナップ」

左も向いてみました。

「ここにも」

私は改めて思いました。
「一体どんだけ自分の事が好きなんだろう、この人は」

私はこの状況を自分にあてはめて考えてみました。

もし、自分の部屋の至る所に自分のスナップショットが飾られていたらどんな気持ちなのだろうか?

「とても考えられない。鏡で自分の姿を見るのでさえ苦痛なのに、四六時中周りに自分がいる状況なんて」

私はどうも自分が嫌いなようです。

自分自身に対して少なくない不信感と蔑みの感を抱いているような気がします。

そして、出来るだけそれを直視しないように、或いは直視されないように常に気を配っているような気がします。

自分で自分を偽っている、裏切っている、欺いているのです。

必死にその事に気が付かない振りをしますが、やはり自分だけには見抜かれていることにも心の奥底では気が付いているのでしょう。

そんな自分に誇りを、つまり自尊心を持てない私は、自分で自分から隠れ続けているのです。

これが24時間365日のストレスになります。


そう考えてみると、母はまるで真逆のようです。

きちんと自分で自分を認められるだけの自分を持っているのです。

自分を直視し、自分から直視される事に何のてらいもやましさも有していないのです。

私はそんな母が素直に羨ましいと思いました。

私は”もしかして”という直感に導かれるまま後ろを振り返りました。

そこにはスナップの母がピースサインで微笑んでいました。

「なるほど、四面楚歌ならぬ四面母だな」


他人を好きになる前提として、先ずは自分の事が好きでなければならないような気がします。

人は物心つく前から既に自尊心を持っています。

それはこれから生きていく社会で人との繋がりを構築する為の礎となり、その社会の中で重ねていく研鑽によって自尊心はより確かな自我へと熟成されていきます。

そんな確固とした自我を熟成させた母のスナップに囲まれて採った夕食。

四面から「どうだ」と自己を顕示してくる母の迫力に圧され、私はますます居場所を失い、肩身の狭さを痛感したのでした。



……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。

ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。 
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング・にほんブログ村へ




拍手、コメント、それだけが励みです。よろしくお願い致します。 

   ↓↓
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。