プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

『SAYURI』を観て。

皆さん、どもども。
うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。

『SAYURI』、原題は『Memoirs of a Geisha』(芸者の回顧録)です。
意外にも原作者はアメリカ人です。

この映画は太平洋戦争前後の日本を舞台に、一人の芸者が時代に翻弄されながらもひたすら純愛に生きた物語です。
声から察して老年期を迎えているであろう主役のSAYURIが語り部となり、当時を振り返りながら、物語は進んでいきます。

映画が始まってまもなく、私はいきなり衝撃を受けることになりました。

「日本人が全員英語しゃべってるじゃねえか!!」

そう、この映画は日本が舞台、そしてもちろん登場人物は全て日本人、という設定。
しかしそこはやはりハリウッド。
英語じゃないと無理なのです。
恐らく、日本人が全員英語をしゃべっているという無理な設定以上に無理だったのでしょう。

しょっぱなからいきなりこのような衝撃を喰らってしまった私なのですが、むしろそれが良かったのかもしれません。

この後、主人公(さゆり)の友達の名前がパンプキン(邦訳は「おかぼ」。かぼちゃか?)だろうが、
風鈴が玄関で呼び鈴として使われていようが、
芸者と花魁が変に融合していようが、
大舞台で中国風の舞が展開されていようが、
全く、これっぽっちも違和感は覚えませんでした。

……いや、多少は覚えましたが、このような事を全て許せてしまうくらいに、この映画は素晴らしかったのです。

ハリウッド一流の映像、照明、アングル、衣裳、音楽、そしてかんざし一本の小道具から家屋にいたる大道具、果ては日本庭園を含む自然描写にまで、微に入り細に渡って――彼らが想像する――日本の『様式美』が演出されていました。

これらを一つの情景としてただ観ているだけでもその価値があるのではないだろうかと思ってしまったくらいです。

それでも、映画はやはりキャストの演技が重要です。

私が主演のチャン・ツィイーのファンだからという訳ではありませんが、いやあるかもしれませんが、彼女の演技は素晴らしかったです。

彼女はもちろん日本人ではありません。
しかし、日本で彼女以上にこの役をうまく演じることが出来る女優が存在するのかと問われれば私は答えに窮します。

可憐さの中に秘めた芯の強さ、そして涼やかな瞳から時折覗く熱い情念。
彼女は、それら相反する要素を矛盾なく共存させる、何とも不思議で魅力的な女優です。
「初恋の来た道」、「グリーンディスティニー」から今回の「SAYURI」に至るまで、彼女が演じてきた役の多彩さがそれを証明しています。

彼女の視線には奥行きがあります。
まるで全てを見透かしているような、そんな奥深さがあります。
もし見つめられたら、私は身動きが取れなくなるに違いありません。
そんな視線を真正面から受け止め、しっかりと返していた渡辺謙。
あのレベルの者同士だからこそ成立しうるやり取り。
流石だと思いました。

あと、SAYURIを子供の頃からイジメ続ける、まるでシンデレラのお姉さんのようなベテラン元花形芸者「初桃」を演じたコン・リー。
彼女もすごく雰囲気があって良かったと思います。
とにかく妖艶でドSなのですが、心に抱える深い闇に今にも呑み込まれそうな弱さも併せ持つ複雑な役柄を見事に演じていました。

脇役で言えば桃井かおり。
置屋の強欲ババアとはこういう人の事である、というキャラが見事に、それはもうほとんど地としか思えないほどにハマっていました。

この映画を観て私は思いました。
とにかくコントラストだ、と。

初桃のむき出しの情愛と、SAYURIの一途に秘めた恋慕。
芸の道から落ちていく初桃と、登っていくSAYURI。
自分の怨念にからめとられていく初桃と、他人からの怨念に翻弄されていくSAYURI。
俯瞰して見る都の美しさと、その中でうごめく愛憎。
戦争前の独尊的日本と、戦後のアメリカへの従属的日本。
子を売る貧しい親と、その子へ仁恵を与える裕福なダンナ衆。

白が白ければ白いほど黒はその黒さを増し、やがてお互いがお互いを強く引き立てていくのです。

この映画の最後のシーンはハッピーエンドです。

しかし、その後のナレーションで老SAYURIがこんな事を言っています。
「……所詮芸者は本妻の半分……」

――ここからは私の推論ですが、

恐らくSAYURIが純愛を貫いてようやく思いが届いた人、”会長”には、最初から正式な奥さんがいたのでしょう。

映画で終始いい人だった会長は、SAYURIのことを妾としてしかみていなかったのです。

それはSAYURIに絡む全ての男性がそうだったのだと思います。

白と黒のコントラストで激動の時代を生き抜き、ようやくつかんだ幸せは、結局のところ白黒が入り混じった灰色の人生。
所詮芸者が落ち着く所はこんなもの。

そんなふうに言っているように聞こえました。
そして、そうだからこそ、二度とは経験したくないけれども、あの白黒入り混じった激動の時代を懐かしんでいるようにも思えました。

あ、そうだ。
最後に気になったことを一つ。

幼くして生き別れになった姉。
前半結構フォーカスされていたのですが、後半以降は完全にその気配を消してしまいました。
私はてっきり映画後半、大人になってからの再会があると踏んでいたのですが、SAYURIはまるで最初から姉などいなかったように思い出すことさえしませんでした。
彼女は一体どうなったのでしょうか?
もしかして私は何か重要なシーンを見逃しているのでしょうか?


……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。

ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。 
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング・にほんブログ村へ




拍手、コメント、それだけが励みです。よろしくお願い致します。 

   ↓↓
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。