プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

Look595、またかココかっ!!

皆さん、どもども。
うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。

頼りない背中に得体の知れないやけに重い荷物を背負ったまま、必要も無いハンデを自ら課して生きているような気がしてならない今日この頃の私。

そんな陰鬱な自分に気が付き始めたのは、それとは対照的に華やかな桜舞い散る4月初旬のことでした。

「よし、とりあえずLook595で走っておくか。
 そういえばボトルケージやコラムスペーサーなどなど、(不必要な)装いが一新されてからまともに走っていない気もするし」


そしてそれから約30分ほどウジウジした結果、私はまるで何か大事な事をを決心した乙女のように潔く全裸になったのでした。

紛らわしい着替えを済ませ、決意新たにクリートをペダルに押し込めばそこはやはりローディーの端くれ、テンションは一気にそのモードへと変容し、坂という困難は逆にモチベーションを高揚させるエネルギー源として脳内で消化されるのです。

「最近無駄にジョギングしているせいか、今まで割とないがしろにしていた筋肉を使えているような気がする。
 例えばモモの裏側やお尻の筋肉。
 つまり足の裏側を使ってペダルを踏み下ろしているということだ。
 これは使える!
 坂で加速できるこの感覚、いいんじゃないだろうか!!」


そんな私生活とは正反対の自画自賛モードで坂をクリアし、それから私はいつもの長岡天満宮へとLook595を飛ばしました。

そしてそれは池のほとりで愛車を眺めながら一息ついた直後に起こりました。

P4180252.jpg

ガッシャーーンッッ!!!

まるで映像がスロー再生されるようにLook595が私の方に向かって倒れてきたのです。

風も無く暖かでうららかな午後のひと時。

こともあろうかこの自転車は、何故か私に何の断りも無く、ほぼ自力で(かつ全力で)、これ見よがしに私の方に倒れ込んできたのです。

「な、な、なんでやねんっ!」

そう叫ぶ間もなくLook595に駆け寄る私。

直ぐに引き起こし、各部のチェックを行いました。

「交換したばかりのバーテープが擦り切れてる。
 サドルの角もだ。
 おいおいペダルにも傷が。
 ちょっと待て、リアディレイラーには痛々しい擦り痕が見えるジャマイカ!!
 もう見ていられない、というか見たくない」


私は嫌な予感とともにLook595に跨り、早々に池を立ち去りました。

「確認したくはないがやっぱ確認しとかないとダメだろう。
 ロー側へのシフトチェンジ」


そう、ロードバイクにおいてリアディレイラーが付いている右側への転倒は御法度です。

特にこいつ(Look)は。

何故ならリアエンドまでフルカーボンのLookはフレームを衝撃から保護する為に、ディレイラーハンガーにあえて切れ目をいれてまで曲がりやすくしてあるのです。

フレームに変な応力をかけるくらいならディレイラーハンガー一つ犠牲にしなさい、という思想なのです。

という訳で、今回も予想通りロー側(1枚目から4枚目まで)は全くシフトチェンジができなくなっていました。

見事にディレイラーハンガーがその役割を果たしたという訳です。

帰宅後、私はLook595用のディレイラーハンガーをネットで探しました。

売ってませんでした。

それから私は約2時間をかけて世界中をネットサーフィンしました。

そしてついに見つけました。

何故かイスラエル人が販売していましたが。

どうやらサードパーティ品らしいその”Pilo”という名前のディレイラーハンガーのお値段は約4,000円。

ひとコケで4,000円という訳です。

いや、今回の場合私はコケた訳ではないので、よく分からないうちに取りあえず4,000円払わないとこの先走れない状況になっていただけなのですが。

そして届いたのがこいつです。

IMG_0743.jpg

純正と異なるのはカラーが艶消し処理されているところくらいでしょうか。

しかしこんな部品が4,000円。

それもサードパーティー品なのに。

もし純正品だったら一体いくら取られるんだ?

何故か無性にムカついてきたので横に100円ライターを並べてやりました。

IMG_0744.jpg

「このライター40個分か……。
 これをどう捉えればいいんだ。
 100円の使い捨てライターと4,000円の使い捨てハンガー。
 しかし4,000円かけて敢えて曲がりやすく作るというこの発想はどうなんだ?
 それだけかけたらもうひと工夫出来そうなものだが」



その翌週、
私はディレイラーハンガーを換装し、試運転に嵐山へと繰り出しました。

当然ですが変速は恐ろしいほどに快調でした。

P4260250.jpg

取りあえずLook595の写真も。
(勝手に転倒されるとまた4,000円が飛んでいくので結構左に傾けて立てかけてあります)

P4260249.jpg


こうして再び健全な姿を取り戻したLook595。

目出度く?ディレイラーハンガーは3代目となりました。

「3つ目……、おい、ちょっと待て。
 それじゃあこのバイクの部品の中で最も交換頻度が高いのはディレイラーハンガーってことか!?
 …………」


不条理が当たり前。
それが人生?

まあ、色々あります。


……続く。


最後まで読んで頂き、感謝、感激です。

ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。 
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング・にほんブログ村へ




拍手、コメント、それだけが励みです。よろしくお願い致します。 

   ↓↓
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す