プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

遠くて近い惨劇

シリアでの内戦。

最近ではその犠牲となった日本人記者のニュースが記憶に新しい。

そして本日、今度はユネスコ世界遺産として登録されているスークと呼ばれる古代都市市場の焼失が伝えられた。

その市場では、食料品、貴金属からウェディングドレスまで売られており、市場としての機能だけではなく、シリア観光の中心としての役割も担っていたという。

戦争という人間同士の共食い。

それにより失われる地球規模の貴重な財産と引き換えに、中には利益を得る者もいるのだろう。

食物連鎖の頂点に立ってしまい、その地位を脅かすものが存在しない今、人はこんな形でしか共存できないのだろうか。

無から再生のストーリーを生み出す自然災害とは全く質の異なる破壊。

それは人々に悲惨な記憶と共に未来への絶望しか与えない。

周囲からは愚行にしか見えないその行為も、渦中にいれば栄光への必然なのだろうか。

失われた古代都市の代わりに、そこで一体何が得られるのか。

必要悪という言葉があるが、戦争に至ってはそれさえも当てはめる事が難しい。

科学技術や文明の進歩によって日々狭くなる地球。

その地球に生きる我々にとって、悲劇に対する距離感は近づいてくる一方である。

遥かシリアで起きている惨劇は、もはや対岸の火事ではない。



最後まで読んで頂き、感謝、感激です。
拍手、コメント
、それだけが励みです。よろしくお願い致します。
        ↓↓

opera595さんのランキング集計結果
ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。