プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
440: by shimasan on 2014/12/29 at 20:10:21 (コメント編集)

なにごとも、なるようにしか
なりません^^
結果を考えずに、一歩進めたら
それでいいんじゃないですか?

441:Re: タイトルなし by オペラ on 2014/12/29 at 21:17:37

> shimasanさん
コメントあざっす。

そう考える事はや数百回。
そして同じ回数それが打ち消されました。
でもまあなんとか歩いています。
意志のコントロールって難しいですね^^;

442:はじめまして by さかずー on 2014/12/29 at 22:49:36

はじめまして。
ブログ村経由でたどり着きました。
さかずーと申します。

オペラさんのブログを度々拝見しております。
今回の復職記事がとても気になったので
思わずコメントしました。

新しい仕事へ向かおうとする勇気と
新しい一歩を踏み出した行動力に
とても感動しました!
私なんて再就職のきっかけに日雇いバイト登録したにも関わらず
怯えて行けませんから。
オペラさんの一歩がとても素敵に見えます。

やはり人生上手く回らない試練の連続ですよね!?
カウンセリングでも「経験する大切さ」を説かれますが、なかなか実行には移せないものです。

オペラさんのこの復職の経験が少しでも理想を汲んで貰えますように。
そしてこの展開が少しでも好転し
オペラさんの一歩が深い意義のあるものに
なりますように。

443:Re: はじめまして by オペラ on 2014/12/29 at 23:04:51

> さかずーさん
コメントあざっす。

さかず―さんのお気持ち痛いほど理解できます。
私も周囲の環境の後押しが無ければ自分では一歩も動けなかっただろうと思います。

未だ一人で家にいると恐怖感で心がすぐに埋まってしまう毎日です。
でもどこを見回してみても逃げ道はありません。
迷い続ける毎日です。

私のブログがさかずーさんの未来を少しでも明転させるきっかけになれば至上の幸いに思います。
私もこれから出来るところまで登ってみようと思います。

▼このエントリーにコメントを残す

   

復職への道(その3)

皆さん、どもども。
うつボッチオペラです。

熱血冷血人事:
 「オペラさん、ファイナルアンサーを明示してください。
  C部長は非常に前向きです」

(クイズみたいに言うなっ!
 それ正解とかあんのか!?)


人事担当からの問いかけに思わず突っ込みを入れてしまいました。
この人どうやら少し癖のある方で、これまでも色々ずれてて面白い言葉や比喩を使っていました。

まあそんな事はどうでもいいのですが、いよいよ私の意志で判断を下す時がやってきたようです。

結局私はC部長との面接(勧誘)で自分が最後に表明した「よろしくお願いいたします」の一言からどうしても離れることが出来ませんでした。
話術に乗せられたとはいえ、あの時少なくとも自分で決心して放った一言であることに間違いはありません。
それに今更ちゃぶ台をひっくり返そうにもその決断が出来なくてここまで引っ張って来ている訳です。

私は――かなり違和感を感じますが――あの人事担当が言う所のファイナルアンサーを返信しました。

「遅くなって申し訳ありません。
 ***部への異動を謹んでお受けいたします」


こうして私の短くも長い葛藤と緊張の日々に一区切りがつきました。
そしてその瞬間から今度は限りなく恐怖に近い不安との戦いが始まったのです。

(逃げ出したい。
 時計が、カレンダーが進んでいくのを見たくない。
 みじめで暗鬱な未来像しか浮かんでこない。
 自分に自信が持てない。
 …………
 あーーっ、時間よ止まれ!!)


でも前回書いた通り、時間は万人にとって公平です。
傷ついた心を忘却という力で癒してくれることもありますが、一度決まった未来は良かれ悪しかれ間違いなく定刻通りに突きつけてきます。

この時の私はもうネガティブ要素満載で、出来る事と言えばひたすらうずくまって耐える事だけでした。

「なぜこうなった?
 これは不幸な事なのか?
 いや冷静に客観的に考えればものすごく幸運な事のようにも思える。
 しかし物事には分相応というものがある。
 特に今のような状態の時に無理をしても、得る物より失う物の方が多いのではないだろうか?
 どうすればいい?
 自分としてこの状況をどう捉えるのが正解なんだ?
 やばい、全く分からない。
 誰か教えてくれ!
 私は自ら命綱を外したまま険しい山を登ろうとしているのではないだろうか?」


半ばプチパニックに陥りながら日々は過ぎさり、やがて産業医及び配属先で上司となる遥か年下のDさんとの面談の日がやってきました。

この時身も心もすでに疲れ果てて、まるでまな板の上の死んだ鯉のようになっていた私。
体から無駄な力+若干の魂が抜けた、良く言えば自然体、悪く言えば死に体です。

面談自体は無難に、そしてつつがなく終わり、その後ついに私は熱血冷血人事から運命の出社日を明確に告げられてしまったのです。

熱血冷血人事:
「オペラさん。
 ○月○日の*時*分に***に来てください」

(ついに来たか、この時が。
 この先私は一体どうなるんだろう?
 今日のこの時を10年後の私は一体どんな気持ちで振り返っているんだろう?
 どう考えてもこの1か月はまさしく人生のターニングポイントだな)


①【退職/復職】で復職を選択したこと。
②【他部署へ異動/元部署に復帰】で異動を選択したこと。
③【技術系/非技術系】で技術系を選択したこと。

この1か月で私は少なくとも大きな2者択一を3回はした訳です。

『人生は選択(決断)の連続である』なんてよく言われますが、今回の私の場合②だけが自らの選択で後の2つは周囲(状況や人)に流されただけのような気がします。
まったく意志薄弱で決断力が不足しています。

こういう場合、前向きに生きるためにはどう考えればいいのか今の私には全く分かりません。
考えてみると”うつ”で休職する以前の私は、逆境と呼べるような状況や、人生を180度変えてしまうような決断を強いられた経験が全く無かったように思います。
それがただ単にラッキーだっただけなのか、そういう気配から常に逃げ続けていただけなのかは分かりませんが、とにかく経験値が乏しいのは否めない事実なのでしょう。

うつで休職してから今回の復職、更には今後の予想される困難を鑑みてみると、
「お前この先普通の人生送るのに経験値足りねえからちょっと上げとけ」
と神様に言われているようです。

とまあこんなことを考えているうちにも、神のように慈悲深く悪魔のように無慈悲な時間は私を乗せて淡々と運命の日へ向かって歩み続けているのです。

そう、復職のその日へ向けて着実に、そして確実に。

……続く。 


最後まで読んで頂き、感謝、感激です。 

ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング・にほんブログ村へ




拍手、コメント、それだけが励みです。よろしくお願い致します。 

   ↓↓
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
440: by shimasan on 2014/12/29 at 20:10:21 (コメント編集)

なにごとも、なるようにしか
なりません^^
結果を考えずに、一歩進めたら
それでいいんじゃないですか?

441:Re: タイトルなし by オペラ on 2014/12/29 at 21:17:37

> shimasanさん
コメントあざっす。

そう考える事はや数百回。
そして同じ回数それが打ち消されました。
でもまあなんとか歩いています。
意志のコントロールって難しいですね^^;

442:はじめまして by さかずー on 2014/12/29 at 22:49:36

はじめまして。
ブログ村経由でたどり着きました。
さかずーと申します。

オペラさんのブログを度々拝見しております。
今回の復職記事がとても気になったので
思わずコメントしました。

新しい仕事へ向かおうとする勇気と
新しい一歩を踏み出した行動力に
とても感動しました!
私なんて再就職のきっかけに日雇いバイト登録したにも関わらず
怯えて行けませんから。
オペラさんの一歩がとても素敵に見えます。

やはり人生上手く回らない試練の連続ですよね!?
カウンセリングでも「経験する大切さ」を説かれますが、なかなか実行には移せないものです。

オペラさんのこの復職の経験が少しでも理想を汲んで貰えますように。
そしてこの展開が少しでも好転し
オペラさんの一歩が深い意義のあるものに
なりますように。

443:Re: はじめまして by オペラ on 2014/12/29 at 23:04:51

> さかずーさん
コメントあざっす。

さかず―さんのお気持ち痛いほど理解できます。
私も周囲の環境の後押しが無ければ自分では一歩も動けなかっただろうと思います。

未だ一人で家にいると恐怖感で心がすぐに埋まってしまう毎日です。
でもどこを見回してみても逃げ道はありません。
迷い続ける毎日です。

私のブログがさかずーさんの未来を少しでも明転させるきっかけになれば至上の幸いに思います。
私もこれから出来るところまで登ってみようと思います。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。