プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

なぜ浴衣なんだ?ルイガノ号で行く京都光明寺(その2)。

皆さん、どもども。
うつボッチオペラです。

さて、昨日本題にたどり着く前に力尽きた(その1)に引き続いての(その2)です。
なぜ浴衣なんだ?ルイガノ号で行く京都光明寺(その1)。

光明寺の境内に無事侵入を果たした私は、盛り前とはいえ沸き立つように燃える木々の命のキラメキにしばし目を奪われる事になりました。

「とてつもなく派手なのだが決して下品ではない」

春の桜もその傾向を強く感じさせますが、このように相反する要素を絶妙な感性でまとめ上げるところに和の奥深さが潜んでいるのだと思います。
派手さだけだと底浅くなりますし、上品さだけだと物足りないのです。

IMG_0363.jpg

奥に向かって真っすぐに伸びる白い石の階段は、これから迎える秋の終焉に向けて散り積もる赤や黄色の落ち葉で埋め尽くされ、やがて紅葉の大団円を演出するキャンバスとなります。

そんな和の雰囲気に私がのんきに浸っていた時です。

20mほど先に、この派手な紅葉に負けるとも劣らぬ色使いの浴衣を着た10人ほどの男女の集団が目に入りました。
男性も女性も浴衣姿はもちろんのこと、足元は草履や雪駄で決めています。
そして彼らはみんな笑顔でした。
男女ですごく楽しそうにはしゃいでいます。

そこは……夏真っ盛りでした。

「何だあの集団は!?
 まるで夏祭りじゃないか!
 寒くないのか?
 いや間違いなく寒いはずだ。
 ……、
 ま、まさか彼らは!」


私は速足で彼らのところまで近寄り、私の予想が見事的中していたのを確信しました。
そう、やはり彼らの会話は中国語だったのです。

「11月にどこで借りてきたんだ、その浴衣。
 もしかして着物と間違えて安い方をチョイスしたのでは?
 でも着た瞬間に寒い、これ夏用では?と思わなかったのだろうか?
 惜しい、かなり惜しいがものすごく残念な結果に終わっている。
 せめて上に何か羽織ってくれればその強烈な違和感も緩和されるのだが……。
 しかし楽しそうだな。
 でもその格好で比叡山とか行ったら霜焼け確実だぞ」


季節は半年近く間違っているとはいえ、彼らの笑顔は本物でした。
季節は半年近く間違っているとはいえ、彼らは日本人以上に和を楽しんでいました。
季節は半年近く間違っているとはいえ、彼らは日本人そのものでした。

「私にあの恰好で紅葉狩りを楽しめる心の余裕があるだろうか?」

ふと考え込んでしましました。

しかしまさかこんなマイナーなところまで中国人観光客がいるとは。
それも浴衣姿で。

でも彼らの(たとえずれていても)何事にもエネルギッシュに楽しむその姿勢は見ていてとても羨ましくもあり、また好感が持てるものでした。

そんな中国人の浴衣軍団を離れ、私は境内を奥へ進みました。

IMG_0368.jpg

途中、落ち葉で妙なマークが描かれているのを発見しました。
専用の係りの人がいるのでしょうか?
なかなかのグラデーションです。

IMG_0371.jpg

本殿の中に侵入しました。

IMG_0375.jpg

IMG_0380.jpg

法然上人です。
拝観料をとる神社仏閣を観光施設としてしか見れない私は、この銅像も小樽の石原裕次郎記念館の本人像と同じような感覚でしか見れません。
(そんな銅像があるのかどうか知りませんが)

IMG_0372.jpg

一通り境内を見て回り、やけに通行順路の規制をしっかりやっているなと思っていたら、最後にこんな所にたどり着きました。

IMG_0383.jpg

そう、ほぼ強制売店です。
全員がここの洗礼を受けなければ出ていく事が出来ない仕組みです。

まず紙コップに淹れた梅こぶ茶が無料で支給されました。
めちゃくちゃおいしかったです。
でもめちゃくちゃ熱かったです。

ほぼ全員がほぼ熱湯の梅こぶ茶を飲み干すためにゴミ箱の周囲でほぼ5分ほどを費やすことになり、その間ほぼ売店の宣伝文句にさらされることになるのです。

ずっと歩いてきてその上この景観で試食品なんか食べたらそりゃ大概のものは美味しいに決まってます。
この仕組み、実にうまい事できていると思いました。


5分後、無事このトラップから脱出に成功した私。
あとは出口に向かってのんびり歩くだけです。


IMG_0382.jpg

IMG_0384.jpg

IMG_0385.jpg

IMG_0389.jpg

IMG_0392.jpg

IMG_0367.jpg

「さて、光明寺の紅葉は十分堪能したし、
 ついでに中国人はどこ行っても堪能できるし(面白いし)、
 次はどこに行こうか?」


何気に観光地の景観からではなく、中国人から元気をもらっている気がしてきた今日この頃です。

……続く。 


最後まで読んで頂き、感謝、感激です。 

ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング・にほんブログ村へ




拍手、コメント、それだけが励みです。よろしくお願い致します。 

   ↓↓
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。