プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
409: by shimasan on 2014/09/13 at 20:28:27 (コメント編集)

こんにちは
きれいにしてますね~
さすが、自転車乗りですね
ところで、流れ橋はまた流れ放し
みたいですね^^

410:Re: タイトルなし by オペラ on 2014/09/13 at 20:32:58

> shimasanさん
コメントあざっす。
自転車が綺麗じゃないと乗るときにテンションが下がるんですよね。
気の持ちようだと思うんですけど。

ながれ橋、やっぱりそうなんですか。
今度また見に行ってみようかな。

▼このエントリーにコメントを残す

   

Operaベルニーニで嵐山へ!!

皆さん、どもども。
うつボッチオペラです。

先日キツネサマのお告げによって久しぶりに引っ張り出したベルニーニが再びの登場です。

いつもは嵐のように嵐山を通り過ぎるだけの私ですが、夏休みシーズンが過ぎ、人出も大分減っている事を期待しての今回は散策狙いです。

という訳で、いつもの全裸のくだりはすっとばして、
渡月橋です。

IMG_0099.jpg

そして嵐山のメインストリート。
人出、減ってないな……。

IMG_0093_20140912173707058.jpg

人気を避けて嵐山の奥へ入り込みます。
怪しげな雰囲気にちょっと停車。

IMG_0090.jpg

この辺り、確かに人気は無くなりましたが代わりに地蔵気が急激に増しています。

JZU48(地蔵フォーティーエイト)です!
怒られそうですがそう呼びます、はい、私が今決めました。

IMG_0089.jpg

放心状態で地蔵48?に見入っている私。
しばらくすると突如私の目の前に人力車が現れました。
1台、2台、3台……待っていると次から次へとやってきます。
どうやらここは人力車のUターンポイントになっているらしいです。

IMG_0088.jpg

渡月橋を超え、桂川を更に上流へと上っていくと、それまでの喧騒はなりを潜め、やがて清々しくも静謐な空間へと変化していきます。
更に先へと進めますが、石段の山登りになっているので今回はここで諦めました。

IMG_0084.jpg

対岸を見ると、そこは川床になっています。
海の家ならぬ川の家です。
ちなみにメインストリートをはずれてここまで入ってくる観光客はあまりいないため、夕涼みやボーッとまどろみたい人には結構穴場だと思います。


IMG_0085.jpg

ここからボートを使って対岸までいく事が出来ます。
ちなみに私は行っていません。
何故なら、ぼったくられている人をここから眺めて悦に入っている方が良いと思ったからです、
というのは冗談でただ単に興味が無かったからです。

IMG_0087.jpg

しばらくボーッと座っていると眠たくなってきたので、再び自転車をこぎ出しました。
ここから天竜寺に行きます。

しかし相変わらず入場料で暴利をむさぼっていたのでそのままスル―しました。
高い市民税を払っている京都市民に対する「おもてなし」を全く感じることが出来ません。

という訳で、天竜寺の周囲をうろついているうちにたまたま通り過ぎたハス池を写真に収めることにしました。

花は全部枯れていました。

どいつもこいつも全くおもてなす気が無いようです。

IMG_0098.jpg

枯れたハス池を観賞、というかほとんど睨みつけていると、奇跡的に一輪だけ花を発見しました。
ただし全力で閉じていましたが。

IMG_0097.jpg

開く時間帯というものがあるのか、開く時期に移行中なのかは知りません。
しかし、この一輪以外全て枯れているというのも不思議な光景です。

私はついているのでしょうか?それともついてないのでしょうか?
ちなみに今年引いたおみくじは『末吉』でした。

更に天竜寺周辺を散策していると、綺麗に整えられた庭園の苔に目がいきました。
なめらかかつ艶やかな深みのある緑が、まるで絨毯のように庭を覆っています。


IMG_0095.jpg

ふと視線をあげるとそこにはもみじがありました。
まだまだ青いもみじが大部分を占めますが、一部はもうすでに色づき始めています。

秋がやってきます。

IMG_0096.jpg

赤く色づくもみじを見た瞬間、私の周囲を取り巻く空気が急にひんやりと冷たくなりました。
そして何故か感じる微かな郷愁。
私はもみじの赤で心をブルーにそめられたまま帰路に就つことになりました。

IMG_0100.jpg

しかしこのロードバイク、相変わらず硬い。
まるで一枚岩で出来ているようだ。

恐らく、いや確実にこいつは私より長生きするだろう。

よし、ちょっと媚びを売っておくか。

その日の夜、ベルニーニへのチェーンオイル吹き直しとフレームへのワックスがけを無言で実施した私でした。





……続く。 


最後まで読んで頂き、感謝、感激です。 

ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。 

ブログランキング・にほんブログ村へ




拍手、コメント、それだけが励みです。よろしくお願い致します。 

   ↓↓
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
409: by shimasan on 2014/09/13 at 20:28:27 (コメント編集)

こんにちは
きれいにしてますね~
さすが、自転車乗りですね
ところで、流れ橋はまた流れ放し
みたいですね^^

410:Re: タイトルなし by オペラ on 2014/09/13 at 20:32:58

> shimasanさん
コメントあざっす。
自転車が綺麗じゃないと乗るときにテンションが下がるんですよね。
気の持ちようだと思うんですけど。

ながれ橋、やっぱりそうなんですか。
今度また見に行ってみようかな。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。