プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

猫、再び。

皆さん、どもども。
うつボッチオペラです。


それは図書館からの帰り道での出来事でした。

突如背後から聞こえてきた私を呼ぶ声に、とっさに振り向く私。

「おかしい……いないぞ、気のせいか?」


しばらく辺りを見回し、それらしいところに注意深く目をむけると、
そこには、

IMG_0040.jpg

こんなのがいました。

そう、声の主は野良猫です、それも見覚えがある猫でした。

以前の記事で、私が通りすがりのおばさんにサンドバッグ状態にされた美しい思い出における主要キャストの一人、いや一匹です。

過去記事:『子猫とおばちゃんを癒してみる』


「確かあの時、おばさんにボコられた後気が付いたらこいつ消えてたよな。
 思えばこいつにエサをあげたばっかりにこの俺が!」




あまえなぁ、あまえのせいでなぁ……
という訳で今回もまたエサを与えてしまいました。

せつない声で「にゃあぁぁぁぁーーーぅん」なんて後ろから呼び止められたらもう素通りは出来ないでしょう。

「よし、とりあえずここから移動するか。
 ここはあのおばさんの縄張りっていうかテリトリーっぽいからな。
 遭遇確率が高すぎてお互いヤバいだろ」


通じたかどうかは分かりませんが、とにかく場所を移動しました。

しばらく歩いたあと、ふと後ろを振り返ると猫は2匹に増えていました。

IMG_0041.jpg

「お、おいっ! いつ増えた、お前ら?
 しかしそっくりだなこの2匹。
 もしかして、もしかしてお前ら!!」


そう、それは恐らく兄弟。

つまり、あの時子猫だった2匹がいつのまにか大人になっていたようです。

そういえばあの時、私を敵視していた母猫は
「しゃあああああぁぁぁぁーーーー!!」って言っていました。
なのでこんなにフレンドリーなはずはありません。


大人になった2匹は警戒しながらも私の撒いたスナック菓子を食べました。

「成人のお祝いだ、感謝しろよ」

食べ終わった猫達はそのままゴロンと横になり、自分の前足をペロペロなめて実に満足そうにみえました。

私と微妙な距離を保ってゆったりとくつろぐ彼ら。
少なくとも私の気持ちは微塵も伝わっていない事だけは確かです。


「じゃあ、またな。
 おばさんに気をつけろよ」


言い終わる前に猫たちは移動を始めていました。


「……まぁ、良しとしよう」


リンリンリンッと、虫の鳴き声が遠くから聞こえてきました。
秋の気配をひしひしと感じる夏の終わりのひと時です。


……続く。 


最後まで読んで頂き、感謝、感激です。 

ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。 

ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。