プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

オペラ、自ら乗れなかった(書けなかった)時に触れてみる。

皆さん、どもども。
うつボッチオペラです。


昨日、久しぶりにブログ記事をUpしてふと思いました。

書けないときと曲りなりにでも書けるときの違い、
これは一体何なんだろうかと。




4か月前を振り返ってみると、昨日の記事にもありますようにわずか10分で出来るディレイラーハンガーの交換さえ実施することが出来ず、更にそのままロードバイク自体とも疎遠になってしまいます。

これは単に走るのが嫌いになったとか、作業自体が面倒くさいとか、結果論として当てはまる部分はあるのかもしれませんが、それらが根本原因だとは思えません。

当時を振り返って私が自分なりに推察してみると、
そこにはやはり”うつ症状”の長期化という要因が大きく根を張っているように思えます。

何をするのもだるいとかテンションが上がらないという状況はうつの一般的な症状として理解でき、
逆にそれらに対処するための処方箋として、
好きな事や興味のある事くらいは多少の無理をしてでもやってみようという上昇思考が働いていました。
いや無理にでも働かせていました。



でもそれが長期化するとその状況を維持することへの”恐れ”が起きてしまうのです。




例えば、
ロードバイクのディレイラーハンガーを交換し、再び走ったときにうまく直っていなかった場合。

例えば、
好きなはずのロードバイクで走ったあと、いつものようにテンションが上がらなかった場合。

例えば、
ブログを書いても全く自分の思ったように表現できず、充足感を得られないばかりか焦燥感や厭世観ばかりが募ってしまった場合。


いずれの場合も一歩間違えるとそれまで好きだった事が嫌いになってしまう可能性をはらんではいるのですが、
普通の精神状態なら
「まあ、よくあること」
或いは
「とるに足らない出来事」
の一つとして気にもかけずにそのうち忘却の彼方へ葬り去られるのでしょう。

ところが、それが特定の精神状態に置いては
”よくあること” でも ”とるに足らない出来事”
でもなくなってしまうのです。

失敗への恐れ。

自分の想定外へ至る恐れ。


いずれもそうなった時の精神的被害が大きく(思える)、リカバリーできる自信が持てず、結果として行動自体を放棄する。

分かりやすく言うと、
好きな子に振られた時のショック(精神的リスク)を考えるあまりに告白できない、
という状況を突き詰めて極大化した感じです。




当時の私としては、精神状態の波の下弦に位置していたことと、長期化による焦りが重なった結果、
好きな事、つまり復調へのカギを何一つ失いたくないあまり、
とうとう石化してしまった
のでしょう。


今かろうじて石化が解け始めているということは、
おそらく波の上弦へ向かっているのだろうなという事は理解できるのですが、
どうも波長が長くなっているのが気になります。

良いサインなのか?、はたまた悪いサインなのか?

そして、
再びこうなった時の最善策は?



何かと悩みは尽きませんが、
まあ人生こんなもんでしょう(と一応強がってみるオペラでした)。




……続く。 


最後まで読んで頂き、感謝、感激です。 

ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。 

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。