プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

Look595、怖っ、突然シフトワイヤーが切れたっ!!!

皆さん、どもども。

うつボッチオペラです。


先日の嵐山浸水後サイクリングの際、微妙にリアのシフティングの調子が悪かったのでLook595をローラー台に乗せて適当にガチャガチャゴトゴト調整?なんぞやってました。

そしてそれはロー側アジャストボルトを 「せいやっ!」 とドライバーで回した時です。


ブチッ!? ゴトンッ!!
シ~~~~~~~~~~ン…………。




切れました。ワイヤーが。

その瞬間から只のアクセサリーと化したリアディレイラーです。

P9200248.jpg

そういえばここ2年ほどワイヤー交換なるものをしていませんでした。

恐らくワイヤーがかなり延びきったうえに、劣化して金属としての弾力も失っていたのでしょう。



「いやぁ~、しかし乗車中じゃなくってホントに良かった。

これも日頃の行いが――、

いやちょっと待て。

確かブレーキケーブルも同じくらい時間が経っているはず。

こいつももしかして切れるかも」




そう思った瞬間ちょっと背中に冷たいものを感じました。

乗車中に変速が出来なくなるとかならいくらでも対処は出来ます。

しかし下り坂でブレーキ握った瞬間、フロントのブレーキケーブルが――ブチッ!――なんていうのは洒落になりません。

怪我します。

自転車が壊れます。

最悪死にます。



‐ワイヤーは切れてから交換する‐


良い子のみんなは決して真似しないように!!

これは切れる事が予め予見できる私だからこそ許される高等テクニックであり…………。



よし、ワイヤー1セット買いに行こう。

という訳で行き着け(と言っても2年ほど御無沙汰)のプロショップに行ってきました。

2年のブランクにも関わらず店長が私の顔を覚えてくれていたのが異常に嬉しかったです。

P9200247.jpg

さーて、ワイヤー交換するか。

ブラケットの裏側から古いワイヤーを引き抜いて新しいのを挿入。

アウターもバーテープもそのままの超やっつけ仕事です。

P9200253.jpg

意外とワイヤーはすんなりと通ってくれました。

バーテープ巻きなおしとかになると作業を投げ出す確立は100%だったので助かりました。

そんで一応完了。

P9200254.jpg

ここからが地獄の調整ターンです。

いつもスムーズに行きません。

今回も行く気がしません。

そしてやっぱりそうなりました。

でもまあなんとかやり遂げ、そのまま力尽きそうになったのですが、「せめてフロントブレーキだけは」という怨念のような執念で再び立ち上がりました。



ブラケットのマスクを外します。

えげつない意味不明の穴がいっぱい開いています。

P9200255.jpg

右上の穴にブレーキワイヤーのタイコが見えます。

サッと引き抜き、新しいワイヤーをズボッと挿入します。

もちろんアウターもバーテープもそのままです。

これも意外とすんなり入りました。

同じくバーテープ巻きなおしとかになると作業を投げ出す確立は100%だったので助かりました。



ブレーキはワイヤー入れて固定してアジャスターでちょちょいと調整するだけなので簡単です。

シフトもそうならないかな?

電動ならそうなってるのか?



とにかく今日はこれくらいにしておこう。

後はフロントディレイラーとリアブレーキだな。



ちょっと待ってろ、コツはつかんだから。

えっ?
アウター内への注油は?
インナーのグリスアップは?

何それ、おいしいの?

今度アウター交換の時にでも考えよう。


……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。

ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ




拍手、コメント、それだけが励みです。よろしくお願い致します。
   ↓↓
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。