プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

Look595、爽快、長岡天満宮サイクリング。

皆さん、どもども。

うつボッチオペラです。



朝目覚めると酷い頭痛だった。

俺もそろそろ終わりか、なんて戯言をのたまいながら布団を抜け出した。

しかしここからがこれまでの私と大きく異なる所だった。

再び惰眠を貪るのではなく、なんと体に鞭打って日課としている散歩へ出掛けたのだ。



2kmほど歩いた所で心にも朝日が差し込み、3km歩く頃には頭痛の事などまるで無かったかのような体調へと変化した。

その昔、人類がまだ猿だった頃から歩き続けてきた理由がここにあると痛感した。

更に帰宅してシャワーを浴びてからは、半沢直樹の倍返しの法則よろしく、底辺だった寝起きの状態から一気に頂点へと跳ね上がり、もっと体を動かしたいという欲求が沸いてきた。



なので全裸になった。

ローディーの正装を身に纏い、気持ちの変わらぬうちにLook595へ魂込めて空気を注入する。

そして出発。

P9100263.jpg

いつもの事だが最初の15分だけはパーフェクトである。

乗りこなしている、という感じがする。

なので私はこの15分に溢れるマイソウルを全て捧げているといっても過言ではない。



暫らくすると上り坂に入る。

意外とハイギアードで踏んでいける。 何故だ?

但し吐き気だけはきっちり催している事を付け加えておこう。



最後の20m。

ちょっとだけイヴァン・マヨになってみた。

飛ぶように坂を駆け上がるのだ。





危うく本当に天国に行きかけた……。



肺が爆発寸前のところで頂上に着いた。

京都タワーを観ながら止まらない汗に少しおののく。

P9100249.jpg

しかしこの車止めは私の自転車を立てかけるのにうってつけである。

ありがとう、作ってくれた人達。


P9100250.jpg

汗が止まるまでとりあえず公園でたそがれていた。


P9100251_20130910175808330.jpg

以前も書いたが、私はこのサドル”コンコール・ライト”が気に入っている。

ランスの件は残念だが、それを差し引いても愛している。


P9100256_201309101757515b0.jpg

反っているのでお尻がジャストフィットして安心感がある。

それに前方に向けて緩やかに細くなっているので、サドル先端に腰掛けてもさほど違和感を覚えない。

どうか販売終息だけは勘弁して欲しい。




汗も引いたので先を急ぐ。

割と長めの、斜度にして5%くらいの下りが続く。

P9100257_20130910175757343.jpg

アドレナリンが沸き立ってくる。

もっと速く落ちて行け!

視界が狭くなり、風に聴覚を奪われ、やがて五感は重力に引かれたまま麻痺していく。




下りの終点が見えてきた。

腰を引き、ブレーキをギュッと握る。

一瞬フロントフォークが内側にしなり、二次曲線的に制動力が立ち上がり始めるとようやく頭が現実回帰してくる。



直滑降、最高!!



秋を思わす空気感の中、涼やかな並木道を快走する。

P9100258.jpg

それをたまに邪魔する信号がもどかしい。

何故ならTIMEのi-clickと私はいまいちかみ合っていないからである。


P9100254_20130910175754b24.jpg

どうも嵌めるのに手間取る。

いつ私に身も心も開く?

なぜ素直になってくれないんだい、お前は。



そんなTIMEに想いを馳せながら、気が付けば長岡天満宮、八条ヶ池である。

P9100260.jpg

花は咲いていないし、紅葉にはまだ早い。

今は非常に中途半端な景色なのだ。


P9100259.jpg

実はこの時点でボトルの飲料をほぼ飲み尽くしていた。

誤算だった。

ラージサイズのボトルにしておけば良かった。

帰りは限りなく謙虚に、とめどなく真面目に走ろう。


P9100262.jpg

という訳で、今日は竹林公園をパスして直帰することにした。


帰りの走行で変速時にチェーンの発する音が多少気になった。

どうも油が切れているようだ。

そういえばFinishLineのWAXLubを塗布したのは、かれこれ半年前だったような気がする。

そりゃ乾くよな、注油しないと。


P9100255_20130910175753e52.jpg

帰宅後のシャワー、そしてその後のアイスコーヒーは相変わらず私に極上のひと時を与えてくれた。

あぁ~、生きてて良かった。





……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。

ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ




拍手、コメント、それだけが励みです。よろしくお願い致します。
   ↓↓
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す