プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

宮崎駿、「この世は生きる価値があるものなんだ」。

皆さん、どもども。

うつボッチオペラです。



「この世は生きる価値があるものなんだという事を伝えたかった」

宮崎監督が引退記者会見で発した言葉です。

そしてこうも言っています。

「この言葉は私が考案し発信しているのではなく、私が愛した文学や映画などから受け取った概念をそのまま伝えているだけである」


深すぎて正確に捉えることは難しいですが、氏の作品を振り返ると「あぁ、なるほどね」と何となくうなずけるのではないでしょうか?



また、宮崎監督が最も心に残っている作品は?という問いに対しては、
『ハウルの動く城』と回答しています。

どうやら、原作のストーリーを映画として成立させる事の難しさに常に悩まされ続けたという事らしいです。

ちなみに『ハウルの動く城』については、稚拙ながら私も過去記事『ジブリ作品どれが好き?』←(ここをクリック)に置いて語らせてもらっています。




宮崎作品に浸っているとき、人は皆(少なくとも私は)辛い現実から解き放たれ、幼い頃に抱いていた夢や希望の世界で心満たされているようです。


そして映画が終わり、もとの現実に立ち返った時、
冒頭の
「この世は生きる価値があるものなんだ」という最善説を、人により大小の差はあれど抱く事が出来るのではないでしょうか?



「文化人ではなく、これからも町工場のおやじでありたい」
と言い切った宮崎駿の人生観、生き様を改めて見せられた会見でした。




……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。

ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ




拍手、コメント、それだけが励みです。よろしくお願い致します。
   ↓↓
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。