プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

宮崎駿引退、そしてナウシカ2の実現性。

皆さん、どもども。

うつボッチオペラです。



宮崎駿監督の引退が正式発表された。

この件に対して日本はおろか海外でもかなりの反響があり、「まだ早すぎるのでないか」などと同氏の引退を惜しむ声が多数挙げられているようだ。



しかし私はあえてそうは思わない。

断っておくがアンチという意味からではない。

むしろ私自身、宮崎監督の大ファンであり世界に冠たるジブリ作品をこよなく愛してきた。

但し、私がこよなく愛しているのは心躍るロマンが溢れたファンタジー作家としての宮崎駿であり、人間くさい現実路線作家へと変貌しつつある同氏ではない。




『カリオストロの城』から始まり、『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』、そして『ハウルの動く城』までは良かった。

宮崎アニメとしてのテンプレートがきちんと守られていたし、それは誰がどう見ても宮崎ブランドとして確たる地位を築いていた。

しかし、『崖の上のポニョ』「えっ??」となった。



私はこの作品を観て、晩年の黒澤明監督を想起した。

まるで、脳内お花畑で余生を楽しむ満たされた老人の絵空事にしか見えなかった。

正直「終わった」と思った。



そして余力を振り絞って今回の『風たちぬ』である。

私はまだ観ていないが、この作品は宮崎監督が自分で自分のために作ったもののように思える。

それは氏の「初めて自分の作品を観て泣いた」というコメントからも推測できる。



この作品は同氏の初期の作品のように、主人公が少女やブタ、主要キャラに妖怪、ロボット、魔法使い等といった一種の照れにも似た表現の為の譲歩が全く見られない、らしい。

彼は既に、観客受けするファンタジーを照れ隠しをしてまで創作する気力も体力も無くなっているのではないだろうか。



ゆえに、ありのままの自分。

ゆえに、インテリ目線。

ゆえに、客に一定の知的レベルを要求する。


「君達ならこの演出理解できるだろ」

「私が言いたい事が何なのか分かるだろ」


彼にとっての対象はもはや子供達ではなく、自分と同じレベルで物事を捉えられる限定された大人になってしまった。



という訳で、私としては氏の引退について「よく決断した」と肯定的な意見を述べたいのである。

黒澤の晩年のように、残念感あふれる作品を撒き散らす事が否定された意味でも賛成できる。



ちなみに宮崎監督の引退によって、巷では『風の谷のナウシカ2』の制作が現実味を帯びているらしい。

監督はエヴァンゲリオンの庵野秀明氏。

庵野氏は、これまで事あるごとに「作らせて下さい」と何度も宮崎氏に懇願しているらしい。

そんな庵野氏を今回『風たちぬ』の主演声優に起用したのも、「鈴木敏夫、宮崎駿、両氏の思惑が関係しているのでは?」などと深読みするのは早計だろうか?





庵野秀明風の谷のナウシカ回想録1



庵野監督が作るナウシカとは?

間違いなくジブリとは全く異なる作風になる、という事ぐらいしか分からない。

いずれにしても宮崎監督世代以降、今の所活躍が期待できるのは庵野監督くらいしかいないのかもしれない。

庵野監督がエヴァンゲリオンを乗り越え、クリエーターとして更なる成長がもたらされる事を期待しよう。





最後に…… 、

宮崎駿、今回は本当に引退するんだろうな?

確か『もののけ姫』の時もこれが最後とか言ってたような……。

そもそも宮崎駿引退後のジブリってどうなるんだ?

吾郎?

イヤイヤ、無理だろ。


もしかして数年後、何事も無かったかのようにまたアニメ作ってるような気がしないでもない。

それもちゃっかり『ナウシカ2』だったりして。




……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。

ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ




拍手、コメント、それだけが励みです。よろしくお願い致します。
   ↓↓
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。