プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
28: by ぱんじゃん on 2012/09/08 at 19:49:44 (コメント編集)

自転車って良い物を求めるとキリがないんですね~
サドルをいい物にしたら、やっぱりフレームもカーボンじゃないと……ってなるのかな。凄く高くなりそう;
私が入門するときは当然アルミフレームからだと思いますが!
ランスは今頃になってドーピング疑われてるんですよね…謎だ。
別府史之選手が私の住んでいる県出身で同い年なので応援してました。
テレビ放送は見れないんですけども…
彼もディスカバリーチャンネルにいましたしねー

29:Re: タイトルなし by オペラ on 2012/09/08 at 20:04:10

ぱんじゃんさん

またまたコメあざっす。
ロードバイク検討中なのですね^^
悩んでいるときは結構楽しかったりしますよね。
いい出会いが有るといいですね。

ランスは例えドーピングしてたとしても私の中での評価は変わりません。
ツール7連覇ですよ。
ハンパない努力と節制、それにアシストや関係者への気配りもしていたと思います。

疑惑はランすが抗議を取り下げて結局有罪、これまでの勝利は全て取り上げられたんでしたっけ?
でも、記録は消えてもみんなの記憶には残って欲しいな!

それではまたヨロシクです。

▼このエントリーにコメントを残す

   

お尻が求める旅!サドル。 そう、それは運命の赤い糸

皆さん、どもども。

うつボッチオペラです。


現在使用しているサドル一覧
P9070171.jpg P9070172.jpg P9070173.jpg
SelleSanmarco Concor Lite 
(セラ・サンマルコ コンコールライト)



最近、”セラ” の部分をイタリア人風に ”セッレ” 等と呼称している輩がいるが、
私はどうもなじめない。
例えば車やギターの Mustang も最近 ”マスタング” と称しているが、
私にとってはいつまでも ”ムスタング” なのだ。


どうですか?
今回は書き始めと同時にすぐ本題に入ってみました。
そうです、私はやれば出来るんです。

本題と言えばそう、最近読んだ本(クリックで飛べるよん)のことだが……、
イカンイカン、また横道にそれるところだった。


皆さん、自転車乗りにとって、最も悩む問題の一つが サドル ですよね!

何時間も座り続けるものなので、お尻に合わなければ、そりゃもう 地獄 ですよ。
最悪の場合、嫌いになりますよ、自転車。

こればっかりは値段が高けりゃイイ、というもんじゃないんですよ。
相性問題、人間で言うと無言で居ても気を遣わない、つまり気が合うかどうか。


そして、この記事のタイトルにもあるように、そう、それは まさに旅 なのです。
運命の人にめぐり合うように、それは偶然の出来事なのかもしれません。

すぐ出会える人、何回も繰り返す人、あきらめて現状に我慢する人。
そこには様々な物語があります。


後述しますが、私のお尻もこれに出会うまでにはいくつかの辛い経験(勘違いしないように!)を繰り返してきました。

そして、最近ドーピング問題で何やらかわいそうな事になってしまったが、

ランス・アームストロング

彼との出会い(但しDVD/雑誌でね)により、私の旅は終焉を迎えたのだ。


前のピンクの頭が可哀相な方ではないぞ。
後ろの黄色(マイヨジョーヌ)を着ている、いかついグラサンの方だ。
ちなみに、これはもはや伝説になっている、
当時海賊と呼ばれたマルコ・パンターニ vs ランス・アームストロングの一騎打ちの写真。
もう、ワクテカじゃないか! 最近無いよな、こういう胸躍る死闘ってのが。

photo_history2_05.jpg


そして、ランスがスポンサー対策のためサドルの表皮をボントレガーに張り替えてでも使った実車。
プロは機材に対してわりと保守的なのだ。
Armstrong_Trek_2000_closeup_600.jpg

この私の中の永遠のヒーロー、ランス・アームストロングが
スポンサー契約を袖にしてまで使い続けたのがコンコールなのである。

無論、私は早速購入して試した。

そして、そのまま、
私の尻はそいつの奴隷と化してしまったのだ。



以下、私物をちょっとだけ紹介しましょう。

見たくないなら帰ってもいいんだからねっ!
(うそです、見てください)



街乗り用『コンコールライト』

パッと見では判らない、ちょっと光沢が入ったベース同色の黒文字。
ファッショナブルに。

P9070171.jpg
 




初代ロードバイク用
『コンコールライト』

実はこれが一番好き。
サイド、後部のステッチと、別素材ロゴ。
シンプルな中に、よく見ると手の込んだ細工が。

P9070172.jpg





 Look595用『コンコールライト』

何か3つの中では最も個性が無い。
あまり好きではないので、別のコンコールライトが出たら買い換えたい。
ただし、お金が有れば……。

P9070173.jpg



以上、紹介終わり。


このサドル、何が良いのかと言うとやっぱりその形状だろう。
後ろがプリッと跳ね上がっていて、微妙に中央がくぼんでいる。
そして上から見ると、二等辺三角形のような形をしている。(見たいならネットで探してね)

これが、もうほんとに、マジで、絶対、ジャストフィットなのだ!
但し、「私のお尻には」という前提つきだが。

以下、コンコールライトと、私が最も好きなツールドフランス2003年のDVDです。
もし、よろしければ。




あと、ついでなので、その他の所有サドル(私の尻を弄んだ)も紹介しておこう。

~ 過去使用してサドルで現在も手元に残っているもの ~


そう、即ち、よく悩み、よく苦しんで走った頃のサドルである。

私の初代所有サドル、SDGのBEL-AIRというものがあるのだが、昔、会社の後輩にあげてしまったので、今はもう所持していない。(少しだけネットで画像を探したが見つからなかった)
使っていてくれているのかなあ?あいつ。
特に自転車が好きでも何でも無かった奴なのだが……。

ただこのサドル、もちろん乗り心地は私に合っていなかったのだが、レールが微妙に左右並行ではなかった。
メーカーのいい加減さがでていたのか?ロット不具合なのかは知らないが、
完成車についていた物なので、所詮そういう品質だったのかもしれない。


話を戻して現在保管(放置?)してあるサドルに話を戻そう。


セラ・サンマルコ 
Era-K (えらけー)

P9070177.jpg
やっぱり私には座面がフラットなのは合わない。
上から見た形状も、座ったとき何か落ち着かない。
ただ軽い。それだけだった。



セラ・イタリア
Flite-GenuineGel (ふらいと げにゅーいんじぇる)

P9070180.jpg
街乗り用にずっと使い続けていた。
中央にGelが挿入されているのだが、恩恵を余り感じなかった。
但し、このサドルは今でも根強い人気があるので、合う人には合うのだろう。





以上で私の尻話、いやサドル話は終わりだが、
もしこれから自転車でも始めようという皆さんは、まず安物を選んで形状に対する自分との相性を確認することをお勧めする。
 
ベースとレースがカーボンで、軽さが100グラムで5万円、なんていうものをいきなり買って、
もしそれが合わなければそれまでだ。



ふう、今回は一杯書いて疲れた。
今日こそ眠れるかな?

……続く。


最後まで読んで頂き、感謝、感激です。
拍手、コメント
、それだけが励みです。よろしくお願い致します。
        ↓↓
opera595さんのランキング集計結果
ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事
スポンサーサイト
このエントリーのタグ: サドル コンコールライト レール
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
28: by ぱんじゃん on 2012/09/08 at 19:49:44 (コメント編集)

自転車って良い物を求めるとキリがないんですね~
サドルをいい物にしたら、やっぱりフレームもカーボンじゃないと……ってなるのかな。凄く高くなりそう;
私が入門するときは当然アルミフレームからだと思いますが!
ランスは今頃になってドーピング疑われてるんですよね…謎だ。
別府史之選手が私の住んでいる県出身で同い年なので応援してました。
テレビ放送は見れないんですけども…
彼もディスカバリーチャンネルにいましたしねー

29:Re: タイトルなし by オペラ on 2012/09/08 at 20:04:10

ぱんじゃんさん

またまたコメあざっす。
ロードバイク検討中なのですね^^
悩んでいるときは結構楽しかったりしますよね。
いい出会いが有るといいですね。

ランスは例えドーピングしてたとしても私の中での評価は変わりません。
ツール7連覇ですよ。
ハンパない努力と節制、それにアシストや関係者への気配りもしていたと思います。

疑惑はランすが抗議を取り下げて結局有罪、これまでの勝利は全て取り上げられたんでしたっけ?
でも、記録は消えてもみんなの記憶には残って欲しいな!

それではまたヨロシクです。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。