プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

梅雨のじめじめ、気持ちもじめじめ。

皆さん、どもども。

うつボッチオペラです。

梅雨真っ盛りの今日この頃、じっとりと湿気をはらんだまさに陰鬱そのものの雰囲気に包まれ、ふと振り返ってみると私は最近の私の生活態度そのものも梅雨模様であることに気が付く。

そうなのだ。
まるで頭の中にカビが生えたように思考も行動もじめついていてシャキッとしない。

梅雨という季節柄の影響もあるのかもしれないのだが、私が思うに原因はそれだけではない、と私は自分の心理について自分で分析してみる。

何故なら、私以外に私の精神状況なぞに興味を持って分析してくれる他人などいるはずもないだろうし、また例えいたとしても勝手に私の心の在り様を決め付けられるのもありがた迷惑というものだからである。

まあ、ボッチはそのあたりの自己処理能力に秀でているのだ。
というか必然的に秀でざるを得ない状況に置かれているだけと言われればそうなのだが。

ところで、私は最近めっきり引きこもっている。
ロードバイクは天候のせいだと苦しい言い訳で逃れるとしても、散歩の頻度も減ったし、ジムやプールもさっぱり御無沙汰になってしまった。

では自宅で私は一体何をしているのかというと、ひたすら小説や映画鑑賞に没頭しているという訳でもなく、かといってTVを観ながら放心状態で過ごしている訳でもなく、何故かYouTubeにはまってしまっているのだ。

始めは本当に只の暇つぶしで観始めただけだった。

そして私がなぜ暇を潰す必要に迫られたかというと、恥ずかしながらジムで調子に乗って腰を痛め、暫らく何もすることが出来なくなってしまったからである。
腰のトレーニングだったのだが、許容範囲を遥かに超えたウェイトで調子に乗ってしまった為に自爆に追い込まれてしまったのだ。
その時私はようやく坐骨神経痛から解放されたばかりだった。
さすがに自己嫌悪に苛まれ、それと同時に腰に対する恐怖感を募らせながら自省の日々を送っていたのである。

という訳で私はYouTubeのお世話になりながら静養、いやYouTubeの荒波にもまれていたのだが、気が付くと何故か政治経済、或いは日本と周辺諸国の歴史へとたどり着いていたのだった。
(なんとモンゴルの歴史にまで手を出していた)

基本的に保守で右寄りの意見が圧倒的多数を占めるのがネットの世界である。
私の観た動画も基本的にはそうだった。

それらの動画が示す強烈に偏った価値観と恍惚さえ覚える自尊心の高さに、明らかに暇人である上に更に腰を痛めて自虐的になっていたその時の私は貪り食うように次々と動画を見続けた。

まあ、要ははまってしまったのである。

そしてそんな動画ばかり観ているうちに、私の頭は限りなく右寄りに洗脳され、腰痛も手伝いますます出不精に拍車がかかり、それがまたネット中毒の連鎖を呼び、私は「完全なネット右翼まであと5秒前」というところにまで達していた。

しかし不思議なもので志向も行き着く所まで行ってしまうと、今度は逆バイアスが掛かり始める。
まるで最高到達地点まで登りつめたジェットコースターがゆっくりと元の地点めがけて降り始めるように。

恐らく、私が吸収した知識を自分本来のイデオロギーに則りフィルタリングした結果、それら動画に見え隠れする誇張や歪曲された表現を敏感に察知できるような新しい観点を獲得したのだ。

「んなアホな」、「事実(結果)はそうだが原因は違うんじゃないのか」、「結局はお互い様だろ」。

ひたすら感心して観ていた動画を、一歩引いた視線で脳内に独自評価する領域を保ったまま観る事が出来るようになったのである。

という訳で、はまっていた状態からは抜け出した気がする。

腰も完治したし、これから生活を元に戻していかなくては。



……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。
拍手、コメント
、それだけが励みです。よろしくお願い致します。
        ↓↓

opera595さんのランキング集計結果
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。