プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

おっさん挨拶隊

皆さん、どもども。

うつボッチオペラです。

私は今朝も日課となっているウォーキングの為、眠い目をこすりながら自宅を後にしました。

外は温かいというか、むしろ蒸し暑くさえ感じるほどの陽気です。

爽やかな朝の気配というものは、もう既にどこか遠くに追いやられてしまったのでしょうか?

そんな中を、私はだるい身体で重い頭を支えながら過剰サービスともとれる眩しい陽光に若干辟易しながら歩き始めました。

すると自宅を出てすぐの道路上で、私は前方から3人のおっさんがこちらに向かって歩いてくるのを認めました。

彼らは同じような作業服を着て3人仲良く横に並び、今にも腕を組んでそのままスキップし始めそうに見えました。

ただでさえ蒸し暑い初夏のような朝に、まるでそれを助長するかのような暑いおっさん3人組。

私はその光景に多少顔をしかめながら、彼らの歩いている側の反対に道を譲るように移動しました。

彼らは無言のまま、お互いに整然と同期された歩調を崩すことなく私との距離をどんどん詰めてきます。

もう既に私と彼らは、お互いに顔が視認できる距離にまで近づいています。

私が道路の右側を、彼らが左側を通り、そして後は何事も無くすれ違うだけでした。

そこにはどのような関係性も発生せず、お互いがお互いの傍を通りすぎるただの通行人としての役割をお互いに担っているだけなのです。

しかしあと5メートルほどで遭遇というところに来て、彼らおっさん軍団は突如方向転換を行いました。

なんと3人揃って私めがけて歩いてくるのです。

「な、なんで?」

意味が分からない私は、それでも何とか毅然とした態度を保ち正面を向いたまま歩き続けます。

そして私を前方から取り囲むように視界の正面に堂々と入ってくるおっさん軍団。

その時でした。

「おはようございまーす」
「おはようございまーす」
「おはようございまーす」

二人が私の右斜め前、もう一人が左斜め前から、非常に明瞭かつ大きな声で、まるでタイミングを計ったかのようにきちんと揃えて私に向かって挨拶されたのです。

「お、おざまーす」

とっさの出来事に私の返事はこれが限界でした。

彼らに聞こえたのかどうかも不明です。

しかし彼らは一体なんだったのでしょうか?

町内挨拶運動の尖兵部隊か何かなのでしょうか?

少なくとも彼らにおいては、すれ違う人と挨拶を交わすのが今朝の至上命題であるように私には見えました。

お陰ですっかり目が覚めて身体も多少シャキッとしました。

未だによく解りませんが、どうも有難うございます。


……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。
拍手、コメント
、それだけが励みです。よろしくお願い致します。
        ↓↓

opera595さんのランキング集計結果
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。