プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

減薬で健全な生活を

皆さん、どもども。

うつボッチオペラです。

昨日は家の壁が揺れるほどの落雷と、辺りの桜を丸裸にしてしまいそうな風雨を伴うまさしく嵐の一日だった。

そんな中、私は毎日続けているウォーキングをささやかな義務感を背負いながら成し遂げ、日中の生活リズムの堅持に努めた。

しかしそのような慎ましい努力にも関わらず、私の夜の生活リズムだけは頑なに混沌とした不協和音を鳴らし続けている。

私の睡眠に対する理想としては、眠くなったときにスムーズに眠りに落ち、そして翌朝ある程度決まった時間に爽快な目覚めを得る事である。

そしてそれを可能な限り睡眠剤に頼らずに実践したい。

これまで何度か睡眠剤無しで床に就いたことがあるのだが、いずれも数時間の煩悶の末ことごとく失敗に終わっている。

昨夜も激しく降り続く雨の音を聞きながら少し早めに床に就き、私は再び薬なしの睡眠を試みた。

しかし布団に入って雨風が地面を叩く音を聞いていると、ますます目が冴えてくる。

結局1時間に一回くらいの休憩?(布団を抜け出して水分補給したりタバコを吸ったりした)を数回繰り返し、深夜3時過ぎに観念して睡眠剤の助けを借りる事になった。

睡眠剤を飲むと不思議なほどスムーズに眠れる。
それはいつ眠りに落ちたのか記憶に残らないほど見事なまでの落ち方である。

ネット等で色々調べていると、やはり睡眠剤には依存性というものが副作用として潜んでいるようだ。

私は数週間前まで2錠服用していたものを、現在は1錠で十分に効果を得られるように減薬してきた。

今悩んでいるのは、この1を0にしてしまうことである。
これが実に難しい。

いくら日中の生活を充実したものにしようが、夜布団に入った瞬間に私の脳内の不眠スイッチが入り昼間の苦労は全てリセットされてしまうようだ。

たとえ体が疲れていたとしても頭は常に覚醒し続け、仕様として永久に思考を止める事の無いサーバーマシンのように取り留めのない様々な電気信号が脳内を駆け巡っているようだ。

さて、どうしたものか?

1から0の間にかなりの格差があることを把握した今、私はその間にある0.5を模索する必要があるのかもしれない。

とりあえず1錠を半分に割ってみるか。

この薬に依存性がある事をもっと早い段階で知っていれば、このように安易に長期間にわたり毎日服用することは無かったのに。

まあ今になって悔やんでも仕方がないので、まずは減薬して薬への依存を少しでも減らせるように頑張ってみるしかない。

そしていずれは睡眠薬無しで、質の良い快眠、いや春の惰眠を貪れるようにしていかなくては。


……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。
拍手、コメント
、それだけが励みです。よろしくお願い致します。
        ↓↓

opera595さんのランキング集計結果
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。