プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

Look595、復帰第2弾は春満開

皆さん、どもども。

うつボッチオペラです。

今朝目覚めると体調は最悪だった。
喉が少し痛いし、胃がむかむかする。
頭は相変わらずボーッとしたままで暫らくは体を動かす事もままならなかった。

最近の激しい気象変動に体がついていけていないのか、それとも風邪の初期症状なのかは分からなかったが、私はとりあえず風邪薬と胃腸薬を飲み、まるで深い沼の底にゆっくりと飲み込まれていくようににソファーに体を沈めていた。

暫らくすると薬が効いてきたのか徐々に思考がクリアになり、他人のものであったような体の感覚もようやく自分と同化してきたような気がした。

外は昨日とは打って変わって濃密な春の陽気に満たされている。

「よし、軽く復帰第2弾いくか」

今日は先日の第1弾より多少距離を伸ばして、しかし過度なアップダウンを避けるようなコースをチョイスしよう。
そうなると自転車道だな。

私はながれ橋を目指し、まるで春のテンプレートのような穏やかな太陽の下Look595を駆りだした。

P4040248.jpg
自転車道はこの陽気も手伝って平日にもかかわらず結構な賑わいを見せていた。
ロードバイクで感じる春の風は、萌える草木と咲き乱れる菜の花の濃密な生の息吹を運んでいた。

春の陽光に照らされた川の穏やかな流れはまるで水彩画のようである。

P4040247.jpg
私は相変わらず低下したままの心肺の喘ぎを感じながらも、右足と腰の復調には満足していた。

Look595は、ゆるい登りをペダルにトルクをかけてグイグイと進んでいくのが気持ちいいバイクである。
私は恍惚にも似たその感覚と自分の体の復調を楽しみながら走り続けた。

そしてながれ橋に到着。
最後に見た時は無残にも崩壊していたのだが、今日は違っていた。

P4040249.jpg
なんと、ながれ橋は見事に修復され、後一歩で完全復活のようである。
また大雨が降れば流されるというのに、進化も進歩も無くそれが法律であり規定事項であるかのように何度も同じ橋が再現される。

これが文化、というものだろうか。

P4040250.jpg

ながれ橋の休憩所はたくさんのローディで賑わっていた。
私はここで少し休憩を挟み、今度は自宅に向かい折り返すことにした。

しばらく行くと木津川と桂川が淀川に合流するポイントがあるのだが、そこの堤防はまさに春満開、まるでお祭りの様相を呈していた。
もう、人、人、人である。

P4040251.jpg
完全に花見客であり、見事にお祭りである。
なので満開のサクラの木の下で一枚。

P4040252.jpg
暗く沈んだ朝の体調とは打って変わって現在の私の体調は好調である。
日の光を浴びることと、その中で適度な運動をすることの大切さを痛感する。

帰りも概ね好調で、残念なのは私の心肺機能だけであった。
私は腰から足にかけて皮膚の下に張り巡らされている様々な筋肉の様子を、丁寧に1つ1つ確認しながらペダルを回した。
そして予想以上に汗をかき、ボトルの水はすっかり無くなってしまった。

今日は約35kmの距離を走ったのだが、特に腰と足に問題は見つからなかった。
先日の復帰第1弾に比べ明らかに良くなっている。

P4040253.jpg
無事帰宅し、体に纏わりついた汗をシャワーで流す。
そしてソファーでほっと一息つく。
腰の具合をみて問題ない事を再確認する。

それから私は視線を天井に這わせて、「やっぱロードバイクっていいよな」とひとりごちるのだった。


……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。
拍手、コメント
、それだけが励みです。よろしくお願い致します。
        ↓↓

opera595さんのランキング集計結果
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。