プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

靴って崩壊するんだ……

皆さん、どもども。

うつボッチオペラです。

このところ毎日続けていて、ほぼ私の日課となった散歩。
昨日は小雨で路面も湿っていたのだが、もちろんいつもの服装、いつもの靴を履いて散歩に出かけた。

靴はもう記憶も辿れないくらい大昔に買った某メーカーのシューズ。
靴底にやたらクッションやらラバーやらが色とりどりに張り合わされ、それで路面からの衝撃を緩和してくれるタイプのシューズである。

基本的に運動するときにしか出番の無かったその靴は、最近散歩を始めるまでずっと下駄箱で眠り続けていた。
何しろ運動といえばロードバイク以外してなかったものだから、その靴には当然担うべき役割が皆無だったのだ。
そして数日前よりその靴は急遽私にとっての使用頻度ナンバーワンを獲得するに至った。

昨日、いつもの散歩コースを折り返し自宅に向かって歩いていた時、事件は起こった。

視界の左下の方、左足のつま先から何やら赤い物体が飛び出している。
左足を前に踏み出すたびにその物体は強引に視界に入ってくる。
それから3歩くらい歩を進めた時だろうか、突然左足の靴底の感覚が無くなり、私の左靴下に湿った路面の冷たく硬い感触が直に伝わった。
えっ、と思ったときは既に手遅れだった。
私の左の靴底は一瞬にして崩壊し、後ろにはまるで足跡のように残されたクッションやらラバーやらが無残に散乱していたのだ。

「靴って古くなると崩壊するんだ!!」と私はその時思った。

私は最早ただのゴム片となったそれらのパーツを拾い集め、とりあえず帰宅した。
思えば家の近くで崩壊したのはラッキーだったのかも知れない。

崩壊した靴を改めて仔細に眺めてみると、至る所にほつれやほころびが見られ、さすがに経年劣化は否めなかった。
恐らく
その影響をもっとも強く受けたのが、靴底にそれらのパーツを貼り付けていた接着剤だったのだろう。

それまで靴であったものが、違和を覚えたその刹那靴では無くなった。
靴から見るとそれは殉職、いわゆる本望なのかもしれない。

長い付き合いだったが、稼働時間はそれほどでもない。
故に履き潰した感もそれほどあるわけではないのだが、とにかく左の彼は幸か不幸か路上でその役目を終え豪快に果てた。
健全な右を残して旅立ったのだ。

なので私は今日靴屋に新しい運動靴を買いに出かけた。
好みの外観と履き心地及び値段を吟味した結果、奇しくも崩壊した某メーカーの靴を再び購入する事となった。

黒地に蛍光イエローのラインが入ったラバークッション付きのランニングシューズである。
新しい道具を手に入れると人は何故か無性にそれを使いたくなる。
そうだ、京都、いや散歩に行こう。


……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。
拍手、コメント
、それだけが励みです。よろしくお願い致します。
        ↓↓

opera595さんのランキング集計結果
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。