プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

ビアンキ、荒んでるよな

皆さん、どもども。

うつボッチオペラです。

先日、イタリアの老舗自転車メーカービアンキの自転車事故が報じられていた。
前輪のサスペンションが走行中にはずれ、所有者は首から下の全身麻痺という重篤な症状に陥っているという。

問題となった自転車はビアンキブランドで台湾において製造されたものであり、それを日本でライセンス販売していたのがサイクルヨーロッパジャパンというメーカーらしい。
いわゆるOEMによる廉価販売であり、その品質においては恐らくビアンキ本来のものとは全く別物なのだろう。

ここ最近日本でもスポーツ自転車人気というものが定着しつつあり、自転車の本場ヨーロッパを発祥とするブランドにその注目が集められているようだ。
同じような製造販売手法でいうと、同じくイタリアの老舗ブランドGIOSなども含まれる。

イタリアの本社が東南アジアでライセンス製造される自社ブランド品に対し、どのような品質保証、製造ノウハウなどを敷いているのか私の知るところではないが、今回の事故を見るにあたりそれは全くの別製品、別ブランド品といっても過言では無いように思える。

見たところ事故車の前輪サスペンションはRockShoxやマニトゥなどのいわゆるサスペンション専門メーカー品のものでは無さそうだし、恐らく大型スーパー等でよく売られているMTBルック(もどき)車に取り付けられている二流品ではないだろうか。

仮にもプロチームにも自転車供給を行っているあのビアンキのヘッドバッジをつけて堂々と売られている事自体に違和感を覚えずにいられない。

私はこれまで台湾製自転車或いは自転車パーツについては、むしろ高品質というイメージを抱いていた。
今回の一件により、ビアンキはもとより台湾についても少なからずイメージの悪化は避けられないだろう。

しかし怖かっただろうな、いきなり走行中に前輪がとれるんだもんな。
想像しただけで寒気がする。

……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。
拍手、コメント
、それだけが励みです。よろしくお願い致します。
        ↓↓

opera595さんのランキング集計結果
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。