プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

調子は上々、しかし……

皆さん、どもども。

うつボッチオペラです。

坐骨神経痛対策ストレッチのお陰か、これまで疑わしかった自己回復能力がいよいよ本腰を入れてきたのかは判らないが、とりあえず普通に歩けるようになった。

右足を大きく前に踏み出し、足の裏全体で地面の感触を確かめそのまま後方に勢い良く蹴りだす。
この単純な動きに到達するまでのなんと永かった事か。

走るまでには至っていないものの、スキップ程度ならこなせてしまうのではないかと思わせてくれる状態である。

今日は週一の通院日であり、先週右足を引きずり額に脂汗を浮かべながら通った薬局への道のりが、通り二つ分ほど短縮されたかのように感じた。

そして今日は、デパケンを処方されてから血中濃度のモニタリングのため先週行った採血の結果が届いていた。
結果としてはバルプロ酸ナトリウムの有効濃度に対し大幅に不足していると言う事であった。

なのでデパケンを増量されてしまった。

先週は精神的に特に問題も無く、以前頻発していた自律神経失調症ぎみの焦燥感も覚えず過ごせたのだがやはり増量しないといけないのだろうか?

いや、もしかしたら右足の激しい痛みが優先してその辺りの精神疾患が息を潜めていただけなのかもしれない。
となると右足の回復に伴ってそれらが再び私の中のレギュラーポジションに当たり前のような顔をして居座る可能性も否定できない。

まあ、とりあえず様子を見てみよう。
今は右足痛で手一杯なので、恐らくこの相手を完膚なきまでに叩きのめしてからになるのだろうが。

話は戻るのだが、歩けるって何と素晴らしい事なのだろう。
足がきちんと足としての役割を果たしてくれる。
一見普通のことに思えるのだが、ほんの少しの歪みやズレ、または抑圧によって、その奇跡に近いバランスはまるで糸をほどかれたマリオネットのように簡単に崩れてしまうのだ。

私はこのような状態になってから煩悶の日々を送り、そしてようやく今日託宣されたような気がする。

「腰は大事にすること。体の要なんだぞ」と。

皆さんも自分の腰が発するとても小さくて重要な警告をくれぐれも聞き逃さないよう気をつけて頂きたい。

……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。
拍手、コメント
、それだけが励みです。よろしくお願い致します。
        ↓↓

opera595さんのランキング集計結果
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す