プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

これが!これがパニックというやつなのかぁぁ

皆さん、どもども。

うつボッチオペラです。


あの時の感覚を忘れてしまわないうちに ”書こう書こう” と思っていたはずが、今まですっかり忘れていました。

2012-08-30のブログの文中にもチラッと出てきているのですが、
”おおかみこどもの雨と雪” を観にいった日の事です。


ちなみに映画の感想(ネタバレ注意)については、後日私のブログ(当たり前だが)で取り上げようと思います。
但し、記憶があればですが。

毎度、前置きが長くてすいません。
読みたくないなら読まなくてもいいんだからね!(すいません、うそです)


その日は私が休職に入って数日、つまり心療内科に正式にうつと認定された日から数日経ったある日の事。
午後には、予約した映画館に行く予定を無理やり入れていた。

話はその1日前にさかのぼる。

初めて受け取った抗うつ剤。
感動も何もありゃしない。

服用するのが怖くて怖くて仕方が無かった。
何しろ、精神的にあれこれ作用する薬じゃないですか。 
いままでは一応、病気は ”自力で治す派” だったので。
 

という訳で、自慢ではないが私は服用を数日間ちゅうちょしていたのである。(確かに自慢できることではない)
出来ることなら休職中に自力で直そうと思っていたくらいだ。


しかし、さすがに大枚を巻き上げられて2週間分も買わされてしまった、現代科学の粋を結集した薬剤。
うつの症状もしんどいし、まさかこれ以上悪化する事もないだろう。
先生も真面目で優しそうだったし。

そんなこんなで、夜寝る前に清水の舞台で踊り狂う覚悟で服用してみた

そして翌朝。 といっても昼前だが。

布団で目を開ける私。 

「ん、暑い。 手足の先から大量に発汗している。
それに動悸もするし何だか息苦しい

起きなければ! 今日は”おおかみこども”を観にいく日だ。

何とか体を起こし、寝室をでる私。

「うぅぅ、なんだこれ? じっとしていられない、ものすごい焦燥感
「そしてなんだこの感覚、世界から自分だけ見捨てられたような、とてつもない孤独感

そう、私はこの時プチパニックに陥りかけていた。

プチというと何となくカワイらしい感じを与えるが、実際はそりゃあもう恐怖だった。
なにしろ、あのK課長でさえそばにいてほしい、なんて思ったくらいだから。
とにかく、それくらい恐ろしく強大な孤独感焦燥感が一気に襲いかかってきたのだ。

我慢強くて有名な私が、救急車を呼ぼうと思ったり、
遠く離れた所に住む親に、いますぐ車で迎えに来てもらおうかと思ったくらいだ。


私は念じた。

「あせるな! あせるな! これはうつの症状でしかないんだ。 落ち着くんだ、俺」

その時、これが薬の副作用などとは露ほども思わず、うつが悪化したとばかり思っていたのだ。

必死にマインドコントロールを試みるも、焦燥感には耐えられず、私は家を飛び出し、とにかく散歩した。
体を温めて調子を取り戻すんだ! それに外にはこんなに人が一杯いる。

しばらくはこんな状態だった。

そしてようやく小康状態へ。

私は迷った。

「映画……行けるのか?」
「いや、ここで行かなければトラウマでずっと出れなくなるかもしれない」
「無理にでも行こう」


何故か変な使命感に燃えた私は、そのまま車で映画館へと向かった。


中略


無事、帰宅した私。

ふと、思い立ち、ネットで服用した薬を検索してみた。

「あった、この副作用、今朝の俺と同じじゃないかぁぁー」

理由が解ってホッとした。

しかし何て恐ろしいんだ、抗うつ薬。
私の繊細な神経を狂わせ、せっかく観にいった映画も集中できなかった。

この経験から得たものといえば、パニックの恐怖体験と現代医学の恐ろしさ

あ~、怖かった。

ちなみに現在は、副作用の少ない(故に効果も少ない?)別の薬を処方してもらっています。


以上、世にも恐怖な物語でした。


……続く。

opera595さんのランキング集計結果

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーのタグ: 焦燥感 孤独感
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。