プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

『海辺のカフカ』を読んで。

皆さん、どもども。

うつボッチオペラです。

「ノルウェーの森」で村上春樹の著作に興味を持った私は、氏が世界的名声を得るに至った代表作『海辺のカフカ』を先日読了した。

読んだ事がある方にはお分かりいただけるかと思うのだが、この小説、面白いのは言うまでも無いのだが兎に角訳が解らない。
メタファー、つまり比喩の塊のような内容であり読み手によりその解釈がいかようにも取れてしまう、いや、下手をすると一体何が言いたいのか訳が解らない状態に陥る可能性がある。

そこで、不遜ながら私なりの解釈をここで述べさせていただこうかと思う。
但し、読んだ人で無ければ理解出来ない事をあらかじめ御了承頂きたい。

基本的にオイディプス神話をベースとした、少年が子供から大人へと成長する過程を描いた物語である、と思う。
オイディプス神話とは、父を殺し母と交わる大罪をそれとは知らず犯してしまった主人公オイディプス王を描くギリシャ悲劇である。

この物語(海辺のカフカ)の主人公、田村カフカは15歳の中学生であり、幼い頃母姉と離別し父からはまさに
オイディプス神話そのままの将来を予言されてしまう可哀想な少年である。

物語を俯瞰して見ると、少年が家出することで父の元から離れ、四国高松で暫らく暮らす内に子供から大人へと成長を遂げる、ただそれだけのストーリーである。

ただし、この物語は前述したメタファーを多用し、現実世界と仮想精神世界とを登場人物がある意味自由に行き来することで少年の成長を描いている事が特徴的である。

以下に主要人物の私なりの解釈を記載する。

ナカタさん:
幼い頃の怪奇体験で知的障害者となり、その後猫と会話が出来るようになる老人。
恐らく物語中最も可哀想な被害者。
この人は少年とその父、そして母の為だけに宿命的にその状態で生きてきた。
迷い猫探しを生業とし、その途中ふとしたきっかけで少年の生霊に宿られジョニーウォーカー(父)を殺し、誰かに(恐らく父)操られるように高松へ赴き少年の為に入り口の石を開け、そこで佐伯さん(母)と出会い彼女の記憶を日記の焼却という形で仮想世界へと送り、直後自分の役目を全うしたかのように自然死する。
更に死後も(恐らく)父の憎悪の塊に寄生され、その口から白い物体としてそれを産み出す媒体とされてしまう。
彼は
生前自分の影の濃さが半分しかない事に気付いており、それは言い換えると様々な生霊の媒体として生かされているという裏付けであり、その役割を果たし死という形で元の自分を取り戻す事になる。

父:
少年に、「お前は父を殺し母姉と交わる」事を予言する。
(恐らく)内面に二つの魂を宿しており、一つは我が子の成長を助ける役目としてカーネルサンダースや高松の黒猫となり仮想世界からホシノ青年(後述)を支援する。
もう一つは我が子が自分を超えていくことに嫉妬する邪悪な精神として、死んだナカタさんの口から白い物体として入り口の石に入ろうと画策する。
仮想世界では少年(メタファーとしてカラス)に頭部を跡形も無くついばみ尽くされ消滅する。
少年が父を乗り越えた、これもまたメタファーなのだろう。

佐伯さん:
少年の母としてのメタファー。
ナカタさんに人生の記録を仮想世界へ送り届けてもらいその直後自然死する。
仮想世界では父と同様二つの魂となり少年の前に登場する。
一つは少年と同じ15歳の少女として現れ、少年に
仮想世界へ残留することを促す、即ち少年の成長を抑止する魂。
もう一つは現実の佐伯さんとして現れ、
少年に仮想世界から現実回帰する事を促す、即ち少年の成長を助長する魂。

ホシノ青年:
西(最終的には高松)へ移動中のナカタさんと出会い、それから奇妙な使命感により知的障害を持つナカタさんのサポートを行うようになる。
入り口の石の実際の開け閉めを担当し、最後は死んだナカタさんの口から生み出された白い物体(恐らく父の憎悪の魂)を抹殺する。
ホシノ青年は役目を終えても死ぬ事は無かった。
高松でカーネルサンダースや黒猫(これらは父の善の魂)と直接会話を行い、ナカタさんと行動を共にしその死を受け入れる事で開かれた新しい人生観を得る事になる。

このような感じに、少年が大人になるそのひと時の為だけに彼らはこの物語に登場し、そして役目を終えた順番に死んでいくのである。

子供の成長を嬉しく思う親心とは別に、それに嫉妬する父、いつまでも子供のまま傍に置きたい母というそれぞれの背反する二面性を強烈なメタファーと仮想世界を用いて表現している、のではないだろうか?

そして、最後には自らの意思で親を乗り越え、大人への階段を一歩登っていく少年の姿が同様に描かれている。

この小説はメタファーばかりに気を取られているとその本質を見失ってしまう非常に簡潔かつ難解な物語だと言える。

以上、私の独断と偏見で『海辺のカフカ』を語ってみたのだが、人それぞれに見解が異なりそうな興味深い小説だった。


……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。
拍手、コメント
、それだけが励みです。よろしくお願い致します。
        ↓↓

opera595さんのランキング集計結果
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。