プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

Look595、病み上がりサイクリング!!

皆さん、どもども。

うつボッチオペラです。

リーマスのドクターストップ、そして新たに処方されたデパケン服用の日々が始まった。

調子はというと、強い吐き気や下痢はおさまったものの、何だかふわふわしてたまにフッと気が遠くなる貧血に似た症状が出ている。

今日は朝寒かった。
あまりにも寒すぎたのと、その妙な症状から目が覚めても中々布団を抜け出す事が出来なかった。

そんな気だるい気分のまま、えいやっと気合を入れて起き上がったのが昼もとうに過ぎたいわゆる昼下がり。

カーテンの隙間からは明るい木漏れ日が差し込んでいる。
体は本調子ではないのだが、しばらくロードバイクにも乗っていない。
乗って一汗かけば気分も好転するかと私は暫しの逡巡の後、これまたえいやっと全裸になる。

脱いでしまえばもう後には引けないのだ。
ただひたすら気持ちを前向きに整え、今日のコースに思いを馳せる。

私は何一つ無駄の無い動きで愛機Look595の出撃準備を終え、玄関の扉を開けて外に飛び出す。

そして約5分後、ちょっと、いやかなり後悔するはめになるのだ。

とにかく寒い、北風が鬼のように強い、晴れていたはずの天気が急に曇りだしおまけに湿っぽい粉雪まで吹きつけてきた。
そんな天候の中、体調不良のせいでたまに餌付きながらペダルを回す。
Uターンして帰ろうか、そんな事まで頭をよぎった。

そして強い逆風の登り坂、これはもう地獄だった。
しかし何とか持ちこたえて頂上に到着。

P2210247.jpg
一分も休憩すれば汗が気化してあっという間に体温を奪われる。
長居は無用だ、このままでは間違いなく風邪を引いてしまう。

P2210248.jpg
写真をそそくさと撮り、そのまますぐにLook595に跨って下りに入る。
下りは更に地獄だった。
吹き付ける冷たい強風が汗を更に気化させ、体を硬直させる。
いつもは50km/h以上のスピードが出る下りなのだが、強い向かい風は30km/hで車体を押しとどめる。

そんな地獄の登り下りを終え、長岡までの平坦路に入る頃には天気も回復し、それに同調するように体調の方も良くなってきた。

そして長岡天満宮、八条ヶ池へ到着。

P2210249.jpg
やっぱり休憩すると急速に汗が引いて体が冷える。
ここも長居は無用である。

P2210250.jpg
写真をよく見れば判るが、ボトルの水はほとんど減っていない。
汗はかいているのだが、寒さのせいで喉は全く渇いてこない。

さあ、体が冷えない内に竹林公園を目指して走り出そう。

向かい風にただひたすら耐え、下りでも体を冷やさないようにペダルを回し続け、半ば修行のような感じで竹林公園に到着。

P2210254.jpg
人気は全く無い。
竹と私とLook595、ただそれだけが存在する空間だった。

P2210253.jpg
竹林公園も足早に通り過ぎ、後は自宅を目指すのみ。
下りは横風にかなり恐怖心を抱いた。
気を抜くと持っていかれそうだ。

久しぶりにロードバイクに乗った気がするのだが、意外と体力は落ちてはいなかった。

やっぱりLook595のフレームが生み出す独特なしなりは心地いい。
特にアウターでいけるような緩い登りでペダルを踏み倒すとき、Look595のハンガーシェルの秀逸さを感じる。
微妙なしなりと前へ押し出してくれるようなバネ感。

P2210252.jpg
激坂をインナーで回すよりも、緩めの坂である程度踏み倒すようなペダリングをしたときにこのフレームの良さを享受できるような気がする。

という訳で、今日も何とか無事にサイクリングを終えることが出来て良かった。


……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。
拍手、コメント
、それだけが励みです。よろしくお願い致します。
        ↓↓

opera595さんのランキング集計結果
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。