プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

それは突然訪れた!

2012年3月の中旬。

私は、そこそこ大手の企業で、そこそこ実績を出しながら、そこそこの給料と役職を頂き、不平不満はあれどそこそこ平和に暮らしていた。

桜が舞い散り、春の訪れをその身にひしひしと感じるこの季節、私はこれから取り組むプロジェクトの構想に浸っていた。

そんなある日、突然上司からの召集命令。

何か漠然と感じる言いようも無い不穏な空気。そして3月、つまり期末というその時期。

会議室の中、席についた私に放たれた上司の一言。


「組織変更があります。君はこの部署を離れて、K課長の下で引き続き現在の業務を担当して下さい」


何となーく会議室に入った時、いや召集をかけられた時から気付いていた。

私のメイン業務全般、更には次のプロジェクトの遂行にはK課長のグループと一つになるのが効率的であり、
K課長の方もそれを周囲に匂わせていたらしい。

しかし、私にとって、それは人生の中でもかなりのインパクトを伴った人事異動なのである。

何故なら、

私はK課長がとてつもなく苦手、いや正確に言うと大嫌いなのである。


更に、そういうことはお互いに何となく伝わるのか、恐らくK課長の方も私に対して嫌悪感を抱いている。

さあ、どうする俺!
これからどうやって仕事を進めていくんだ?
やっていけるのか?

出来ることなら今までの生活から離れたくない。

そしてその翌日。

……続く。

opera595さんのランキング集計結果
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。