プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

Look595、吹き付ける粉雪の中で!!

皆さん、どもども。

うつボッチオペラです。

朝目覚めるとカーテン越しに柔らかな日差しが部屋を照らしていた。

先日の片山右京効果のせいか、なんだか無性にロードバイクに乗りたくなってきた。

しかし寒い。

いつものようにソファで瞑想を30分したあと、私は意を決して全裸になる。

頭がおかしくなってのではない、ロードバイク用のウェアに着替えるためだ。

そして我が愛機Look595をハンガーから降ろし、いざ出陣とばかりに玄関のドアを開ける。

「ふっ、吹雪いてるじゃねえかっ!!」

直ぐに玄関のドアを閉めた。

しかしウェアをばっちり着こみ、タイヤへの空気注入も完了し、バナナも1本平らげた後である。

もう後へは引けない、片山右京なら迷わず、むしろ笑顔で出て行くはず。

そんな思いが私に再度玄関のドアを開けさせた。

一歩外に出るともう覚悟を決めるしかない。
私は横殴りに吹く吹雪に狼狽しながらペダルに足をかけ、ロードバイクを漕ぎ出したのだ。

とにかく寒い、顔が痛い、路面が湿ってる、側道には雪の固まりも残ってる。

これほど登りを心待ちにペダルを回したことがあっただろうか?

早く登りで体を暖めなければ、そしてこの吹雪のような粉雪の攻撃を緩めなくては、そんな思いでひたすら平地を走り続ける。

ようやく登りに入ったはいいが、降雪はその量を増すばかり。

そして、それほど体も暖まらない内に息だけ上がって頂上に到着。

P1280257.jpg
市街を見下ろすが、真っ白で何も見えやしない。
よく写真を見ると、至近距離で舞っている雪が見える。

P1280259.jpg
そして下りが始まった。
思えば本日の道程の中で、この下りの時が最も降雪が酷かったように思う。

時速も50km以上出ているので、遠くに見える雪の粒が一瞬で目の前にワープしてくる。
まるで雪のチューブの中を走っているようだ。

サングラスをしていても目の中に雪が入ってくる。
まるで真っ白な闇に包まれているみたいだ。

そんな恐ろしい下りを終え、いつもの長岡天満宮へ。

P1280260.jpg
この辺は比較的小降りだったように思う。

ちがう角度からもう一枚。

P1280261.jpg
ここまで来て心が折れかけ、ショートカットして家に帰ろうかと思ったのだが、何故か片山右京の顔がちらつき、弱い私をあざ笑っているように思えたので、根性でいつもの正規ルートを辿る。

よって次は竹林公園での一枚になる。

P1280262.jpg
さあ、後は自宅目指して帰るのみ。

ここからもダイナミックな下りが待っているので、湿った路面に気をつけながら帰らないと。

という訳で、無事帰宅。

いつものようにシャワーとアイスコーヒー&タバコでくつろぐ。

この悪天候の中最後まで完走できたのは、私の中にほんの少し宿っていた片山右京魂が決め手だったように思う。

さすがカミカゼ右京、半端ない!

でも今度からはきちんと外を確認してからロードバイクに乗る事にしよう、と思った小心者の私であった。


……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。
拍手、コメント
、それだけが励みです。よろしくお願い致します。
        ↓↓

opera595さんのランキング集計結果
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す