プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

それを決断と呼んでもいいのだろうか?

早期退職者制度に乗って、またかつての同僚が数人会社を辞めていった。

そんな話を耳にする度、私はふと思ってしまう。

彼らは本当にそれを望んだのだろうか?

自分で選択し、自ら決断しての結果なのだろうか?

自分の置かれている環境に絶望し、選択肢がそれしか残されていなかったのではないだろうか?

周囲の雰囲気や、無言の圧力に押し流されて辞めざるをえなかったのではないだろうか?

もしそうであるなら、それは自分の本意とは異なる結果であり、それを決断とは呼べないと思う。

この不景気の中である、まだ社での早期退職者制度が始まって日も浅いこの時期に、彼らが転職先をきちんと確保できているとも思えない。

目先だけではなく、どこまで将来の事について考えられていたのか甚だ疑問である。

では私はどうなのだ?

私はきちんと決断を下せたのか?

部署の異動と共に社に残留し、未だ休職の憂き目にある私はそれを決断した結果と呼んでもいいのだろうか?

彼らと私の下した結論は正反対であるが、そこに至る思考経路や意思については恐らく紙一重の差でしかない。

私は強く願う、彼らの早期退職が、自ら決断を下せた結果であることを。

そして改めて思う、人生とは大小問わず日々決断の繰り返しであると。





とまあ色々能書きをたれてみたのだが、そんな明確に白黒つけられる人間なんてこの世にそういないよな。

人の決断なんてグレイで当たり前、ほんの少し後悔が残る程度ですめばそれで十分。

そう、それが人生。


……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。
拍手、コメント
、それだけが励みです。よろしくお願い致します。
        ↓↓

opera595さんのランキング集計結果
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。