プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
171:相互リンク by まゆみ on 2013/01/06 at 17:15:07

初めまして、人気サイトランキングです。
サイトランキングを始めました。
ランキングに、登録して頂きたくメールさせて頂きました。
SEO対策にも力を入れています。
一緒に発展していけれるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。
http://tiny.cc/l56gqw

172:また来ました。 by ゲームオーバー on 2013/01/06 at 19:15:19

お久しぶりです。ゲームオーバーです。
先日は丁寧なコメント返信ありがとうございましたm(_ _)m

今の時代、ネットのどこを見ても人の生活感ばかりが強調されて、
返って現実味が増し、宗教ではないにしても非日常な事…例えば神秘的なものとか幻想的なものに触れる機会というものが極端に減っている気がします。

人というのは非日常な事に癒しや感動を覚えたりするものだと思うのですがね。

私はどうせなら古代人に生まれたかった。
多少の束縛があっても自由な競争社会というのは束縛されることよりもはるかに難しいと思います。

この先の社会は競争で成り立っていくでしょうから来世があったとしても私は人間界に二度と生まれてきたくはないですね(^^;

40歳ぐらいでぽっくり死にたいです。

173:Re: また来ました。 by オペラ on 2013/01/06 at 19:21:31

> ゲームオーバーさん
コメントあざっす。

お久しぶりです。
そして明けましておめでとうございます。

今の世の中、勝者と敗者が色濃く浮き彫りになって見えてしまいます。
それも人格や人徳とは別の類で。

私も過度な競争によって成立する自由よりも、もうすこし緩やかで穏やかな社会を望みます。
未来がそんなふうにシフトしていってくれれば有りがたいのですが、もはや歯止めが利かない所まで行き着いてしまっているのかもしれませんね。

▼このエントリーにコメントを残す

   

悩むのが当たり前!の現代人

現代の大多数の人間が資本主義、自由経済に生きるストレスに晒され、少なからず大小さまざまな悩みに心痛めている。

遥か数百年の昔、人類がまだ宗教至上主義社会であった頃、そこで生きる人々は果たして我々ほど複雑で深い悩みを抱えていただろうか?

いや、恐らくそうではないだろう。

人々は生まれた時からその土地での宗教に属し、幸も不幸も、更には生活スタイルから自我に対する考え方まで全て宗教という絶対ルールに従い生きていたのだ。

つまりそこには現在の道徳論や倫理観などは存在せず、ただ自分の属する神の教えに従っていればよかった。

ある意味自由の無い世界であり、それゆえ悩みの少ない世界であったのだろう。

そして資本主義経済がそれらを全てぶち壊した。

いわゆるパラダイムシフトというやつだ。

それは宗教に縛られた可哀想な人々を解放し、そして自由という幸せを大多数の人々に与えるはずであった。

しかしその究極にまで進化した現代の自由競争社会は、自由と同時に深く大きな悩みを人々に与えてしまっている。

宗教から道徳と倫理は独立し、さらにそれらを自己の中に置いて折り合いをつけながら他者と競争して幸福を手にする。

これがいかに難しいことか。

最早我々人間は、このような複雑な理念を自己完結して生きることなど出来ない社会に暮らしているのかもしれない。

そうなのだ、悩んで当然、悩まない方がおかしい。

日々悩み苦しむ私を含む大多数の人々よ、決して我々は間違ってはいない。

現代社会に置いては、宗教さえも信仰の自由とされているのだ。

自分を縛り、救ってくれるものも自己責任において取捨選択しなければならない。

思えば私達は、自分でも気付かない内に、朝起きてから夜眠るまで大小様々な決断を下している。

宗教信仰、倫理観、道徳論、経済理念、これらをムラ無く合わせ持つ正常な人間ほど頭がパンクしそうになるのは当然のことなのだ。

そして21世紀の今、更に新たなパラダイムシフトが起きようとしている。

急速に拡大していくネット社会は、もはや資本主義経済社会でさえ過去のものとしようとしているのだ。

果たして、この先この変化に耐えられる人間がどれだけ居るのだろう。

人々の悩みはより難解で底深いものへと変容し、それを支えられるだけの精神力や胆力をどれだけの人が持ちえるのか。

私はそれに畏怖を覚える。

悩み多き人々よ、悲しいかなそれが今の自然な人の姿なのだ。

生きることは悩むこと、そして逆もしかり。

毎日がそれでいいのだ、いや、そうあって然るべきと思う今日この頃である。


……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。
拍手、コメント
、それだけが励みです。よろしくお願い致します。
        ↓↓

opera595さんのランキング集計結果
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
171:相互リンク by まゆみ on 2013/01/06 at 17:15:07

初めまして、人気サイトランキングです。
サイトランキングを始めました。
ランキングに、登録して頂きたくメールさせて頂きました。
SEO対策にも力を入れています。
一緒に発展していけれるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。
http://tiny.cc/l56gqw

172:また来ました。 by ゲームオーバー on 2013/01/06 at 19:15:19

お久しぶりです。ゲームオーバーです。
先日は丁寧なコメント返信ありがとうございましたm(_ _)m

今の時代、ネットのどこを見ても人の生活感ばかりが強調されて、
返って現実味が増し、宗教ではないにしても非日常な事…例えば神秘的なものとか幻想的なものに触れる機会というものが極端に減っている気がします。

人というのは非日常な事に癒しや感動を覚えたりするものだと思うのですがね。

私はどうせなら古代人に生まれたかった。
多少の束縛があっても自由な競争社会というのは束縛されることよりもはるかに難しいと思います。

この先の社会は競争で成り立っていくでしょうから来世があったとしても私は人間界に二度と生まれてきたくはないですね(^^;

40歳ぐらいでぽっくり死にたいです。

173:Re: また来ました。 by オペラ on 2013/01/06 at 19:21:31

> ゲームオーバーさん
コメントあざっす。

お久しぶりです。
そして明けましておめでとうございます。

今の世の中、勝者と敗者が色濃く浮き彫りになって見えてしまいます。
それも人格や人徳とは別の類で。

私も過度な競争によって成立する自由よりも、もうすこし緩やかで穏やかな社会を望みます。
未来がそんなふうにシフトしていってくれれば有りがたいのですが、もはや歯止めが利かない所まで行き着いてしまっているのかもしれませんね。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。