プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

Operaベルニーニでお洒落に北山通り、府立植物園。

皆さん、どもども。

うつボッチオペラです。

ここのところ龍が如く5のお陰で酷い引きこもり状態にあった私なのだが、そろそろロードで適度に体を動かし外の空気を吸いたくなってきた。

という訳で、今回はLook595はお預けとし、
かわりにセカンドバイクのOperaベルニーニで京都市内散策を、
いわるゆポタリング気分でゆる~く走ってみようと思い立ったわけだ。

さてどこか適当な目的地はと地図を見ながら思案に暮れていると、たまたま京都府立植物園の広い敷地が目に入った。

あえて冬に、それも曇天の今日、目的地として植物園。
外し方としては恐ろしいくらいなのだが、あくまで目的地が設定できればそれで良い私にとって、たとえこの時期園内に見る植物があろうと無かろうと特に気にする必要など無かったのだ。

「さあ、ベルニーニよ、一緒に行こうか!」

PC170247.jpg
とりあえず冬用の服装で出かけたのだが、外は思ったより暖かく、しばらくすると汗ばむほどであった。

堀川通りの銀杏並木も現在は見るも無残な様相を呈している。
完全に丸裸じゃないか。

PC170248.jpg
堀川通りを北上し、お洒落な店が立ち並ぶ北山通りへ出る。
ブティックなど服飾系のお店が軒を連ねている。

PC170250.jpg
そして目指す府立植物園はもうこの目と鼻の先。
割とあっけなく着いた。
そしてその時だった、私にまさかこのような不幸が訪れようとは一体誰が予想できただろうか?

「しまったー!、チェーンロック持ってくるの忘れた!!」
そう、ここまで来てようやく気が付いたのだ。
最近Look595ばかり乗っていたため、目的地で自転車から離れるという行為がすっかり頭から抜けていた。

しかし折角きたんだし、この辺りの治安と人の善意を信じて、私は駐輪場にそのままベルニーニを立てかけ、植物園へと入る決断を下した。
ちなみに入園料は200円。

園内に入った瞬間目にしたのがこれ。
シュールさが泣けてくる。

PC170251.jpg
そして、数少ない冬の花、さざんか

PC170257.jpg
バラのような何か。

PC170264.jpg

園内で色味があるのはこれくらいだった。

私はこの時も、いや園内では常に、外に放置してあるベルニーニの事が気になって気になって、もはや冬の植物園をゆっくり散策することなど不可能だった。

早足でササッと寄っては写真をパチリ、またササッと移動して一枚。
終始こんな感じだったのだ。

この池に張り巡らされた無駄に曲がりくねった通路も、沼を跳び越える勢いで通った。

PC170255.jpg

これは恐らくもみの木。
そういえばもうすぐクリスマス。
「どうか外で待っているベルニーニが無事でありますように」

PC170265.jpg

秋の紅葉の時期に来ていれば、さぞ美しかったであろう並木道を早足で歩く。

PC170253.jpg

そして突如眼前に現れたのがこの温室。
入場は別料金というのと、外のベルニーニのことで、今回はパス。
恐らく冬のこの時期、見る価値があるのはこの中だけだったはずなのに。

PC170259.jpg

そして最後は笹と竹ってこんなに色々あるの?と、これも足早に横切りながら撮った一枚。

PC170267.jpg


「お、元の入り口まで戻ってきた。俺のベルニーニはいるのか?」

否がおうにも歩幅が大きくなり、気持ちが先走る。

「いる、よかった~」

愛機ベルニーニは置き去りにしたそのままの姿勢で私の帰りを待っていてくれた。

良かった、盗まれなくて。

さあ、帰ろうか、我が家へ。

私は植物園とは全く無関係の感動を得て、そのまま帰路へと就いたのだった。




……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。
拍手、コメント
、それだけが励みです。よろしくお願い致します。
        ↓↓

opera595さんのランキング集計結果
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。