プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

神戸須磨へ海釣り、そしてマリンピア神戸へ!!

皆さん、どもども。

うつボッチオペラです。

昨日の事だが職場の後輩三人が、暇で塞ぎ込んでだらだら過ごしているであろう私を想い計らってくれたのか、神戸の須磨へ海釣りに連れ出してくれた。

目的地は
『須磨海釣り公園』

車を所有しているのは私だけ、そしてその車もここ数ヶ月は週1回の通院に使用するだけだったので、たまの遠出は車にとってもまさにうってつけの気分転換であっただろう。

不眠に悩まされながらも朝6:00に自宅を出て後輩達を拾い上げ、神戸の須磨海釣り公園へ到着したのが9:00過ぎ。

天気予報は思わしくない予想を出していたが、自称晴れ男の私にかかれば御覧のとおり、水面に輝く朝の陽光が展望台を美しく照らし出していた。

PC020269.jpg  
後輩の中の一人はこの公園内にも写真が貼りだされているほどの釣りキチ。
年に30回以上ここに通っているという。
「僕の今日の狙いは、カワハギとカレイ、そしてイカで行きます」
実に頼もしい言葉。

私はというと、彼の指示するままに釣具一式を揃えさせられ、気が付けば釣りの準備が出来ていた。

さすがに朝の海風は肌寒く感じるが、このときは太陽が出ていたので思っていたよりはずいぶん暖かい。
風も穏やかで、波もそれほどたっていない。

PC020270.jpg
「さあ、釣ってやるぞ」
素人の私にとって自分の仕掛けで何が釣れるのかは全く持って解っていなかったのだが、
最初の当たりは何と私だった。

「なんだこれ?」
「フグ?」


PC020275.jpg
その後も順調に当たりがあり、4人とも何かしらを釣り上げた。
これはキス
美しい白銀の魚。

PC020276.jpg

そしてこれはそのセミプロの後輩が見事狙い通りに釣り上げたカワハギ
さすが釣りキチを豪語するだけの事はある。
お見事!
横にはガシラも浮いている。

PC020278.jpg
更には産卵直前のガシラも釣り上がった。
お腹がパンパンに膨れ上がっている。
そしてなんと口から針を取るときに一気に排卵が始まってしまった。
可哀想なので海にリリース。
「立派な赤ちゃんを育てるんだぞ」

PC020280.jpg
釣り素人の私にはとてもではないが釣り道具に見えないのだが、これはカワハギをしゃくりあげて釣るものらしい。
上のほうにアサリを餌としてつけている。
彼曰く、試行錯誤の末にたどり着いた結果だという。

PC020272.jpg
海釣り公園の西側には明石海峡大橋が見える。
橋の向こう側はもちろん淡路島

PC020264.jpg
そして海釣り公園の背後、つまり北側には須磨浦公園とその頂上に向かうリフトが見える。

PC020268.jpg
美しい自然と、壮大な建造物に囲まれ、潮風を胸いっぱいに吸い込むと、普段のうつ状態もこのきらめく海の中に溶け込んで消えていくようだった。

こんな感じで順調に釣り続け、お腹も減ってきた昼下がり、空にはなにやら怪しげな暗雲が広がりつつある。
時計を見ると利用時間のタイムリミットも迫っており、結局海釣りはこのへんで切り上げる事となった。

今日の獲物であったカレイとイカを釣り上げることは出来なかったが、私にとって後輩達の心遣いと瀬戸内海の美しい景色の中での釣りはとても楽しいひと時であった。

釣り公園の近くで遅めの昼食を済まし、さあこれからどうしようか?という段になった時、
後輩の一人の「近くのアウトレットに行ってみませんか」という案を採用し、
我々はここから車で10分程のマリンピア神戸へと向かう事となった。

日曜日ということもあり、マリンピア神戸の賑わいは尋常ではなかった。
むさくるしい釣り帰りのおっさん四人は、広大なアウトレットの全店舗をまわり、今度は人の波の中を彷徨う事となった。
とにかくもう、人、人、人。

私は、一応せっかく来たのだからと記念の意味も込めてニット帽を1つ購入した。

PC020281.jpg
さすがに歩きつかれ、気が付くともう午後4:00過ぎ。
さあ、そろそろ京都への帰路へ就こうか、という事となり駐車場をあとにした。

結局駐車場渋滞でマリンピア神戸を脱出するのに40分もかかってしまったのだが、ここだけを見ていると最近の不景気がまるで嘘のように思えてしまう。

帰りはついに雨に降られてしまったが、結局最後まで人は濡れることなく京都までたどり着くことができた。
晴れ男の面目を保ったというところだ。

夕食を一緒にとった後、後輩全員を無事自宅まで送り届け、自身は午後8:30頃に帰宅。

気の置けない仲間と朝から一日中一緒に過ごし、改めて人とのふれあいが精神に与える影響の大きさを実感する。
たまにこんな風に遊ぶと、とても楽しく、充足した気分になる。
しかし、そうなればなるほど職場の現実問題に対するモチベーションが反比例して落ち込んでいくように感じる。

この日は不甲斐ない先輩に色々気を遣ってくれ、一日中付き合ってくれた後輩達に感謝したい。

「世の中は厳しく冷たいが、それほど捨てたものでもない」、とどっかの誰かが言っていたような気がするが、本当に同感だ。

あぁ、さすがに疲れた。
今夜はぐっすり眠れる。



……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。
拍手、コメント
、それだけが励みです。よろしくお願い致します。
        ↓↓

opera595さんのランキング集計結果
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
125: by ぺと on 2012/12/03 at 17:38:07

素敵な後輩さんたち♪
充実した1日だったんですね。

ぐっすり眠れますように^^

126:Re: タイトルなし by オペラ on 2012/12/03 at 17:43:56

> ぺとさん
コメントあざっす。

周りの人たちの支え、というか影響の大きさをつくづく実感した一日でした。
昨日はぐっすりと久しぶりに悪夢にもうなされることなく眠れました。

よかったです。

127: by こーでぃ on 2012/12/03 at 23:44:37

楽しんでこられたみたいで何よりです^^
羨ましいです。

悪夢にもうなされることなく眠れたのは大きいですね!
気分転換、やはり非常に大事なんだと実感です。

私も今週久々に飲みに誘われていますが、
たぶん行けません。
すごく仲の良い人から誘われてるんですけどね。
今は人と関わったり話したりすることに恐怖を感じてしまいます。

病になってからずっとです。やな病気です、ほんと・・・

128:Re: タイトルなし by オペラ on 2012/12/03 at 23:59:45

> こーでぃさん
コメントあざっす。

人と関わったり話したりすることに恐怖を感じる感覚は私の休職初期の症状と似ています。
現在は薬の効用と職場から距離を置くことで大分緩和されていますが。

こーでぃさんも無理はされずに、逃げたいときはトコトン逃げ切るくらいに考えた方がいいかもしれませんよ。
押しても引いてもダメな場合があるのがこの病気のツライところです。

▼このエントリーにコメントを残す