プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

Look595で挑戦!!、激坂、柳谷観音。

皆さん、どもども。

うつボッチオペラです。

最近愛機Look595での登坂にも慣れてきて、
「もうそろそろ以前のように激坂にも挑戦してみてもいいんじゃないのか?」
などと思ってはいたのだが精神的に病んでいることもあってずっと躊躇していた。

しかしやっぱり我慢できない、というか冬の足音が日々大きくなってくる。
「躊躇している場合ではない、このままでは後悔する」
そう思い立ったのが昨日。

そして本日ようやく激坂へ挑むべく愛機Look595を駆りだしたのだった。

目指すは長岡京の柳谷観音(楊谷寺)

それも敢えて傾斜のキツイ向日町側からの登坂。

思い返すと数年前、初めて挑戦した時はものの200mで足を付き、想像さえ出来ない頂上に恐れおののいてすごすごと帰ったのだった。
そしてそれから頂上を夢見てひたすら鍛えなおし、挑戦すること4回目でやっと
柳谷観音までたどり着く。
確かその時は更に登ってゴルフ場まで行った記憶がある。

時は流れて今現在、あれからどのくらい経っただろう?
2年か?3年か?とにかく既に道のりも登坂中の苦しさもすっかり忘れているくらいにその激坂からは遠ざかっている。
果たして今の私に登れるだろうか?

まあいい、再びチャレンジャーとして挑もうではないか!
「待っていろよ!、と意気込んでレーパンに着替える。

おっと、その前に道順が解らない、地図で確認しておかないと。

道中にある坂で今日の調子を見る。
「うん、まあ、いいんじゃないか?」
とにかくゆっくりだ、激坂クリアのコツはゆっくりを心がけることだ。

さあ、いよいよ見えてきた。
数年前と違って何か新しい道路の建築中で入り口の雰囲気が変わっているのに少し動揺したが、もう迷っている場合ではない。
心拍を出来るだけ押さえ、ギアをインナーローに落とし、
「いざ行かん、柳谷観音!!」

「そうだ、ゆっくり、ゆっくりだ、あせってはダメだ」
「眼前に立ちはだかる斜面を見るな!傾斜を恐れるな!」


そう言い聞かせながらひたすらペダルを回す。

途中からは腕でハンドルを目イッパイ引きながら、全身の筋肉を総動員してペダルに力を込める。
しんと静まり返った森林の中、Dedaのハンドルが軋む音と自分の発する呼吸音だけが聞こえる。

一度足を付けば再発進が困難なくらいの斜度だ。

コーナーが見えるたびに、そこを曲がれば終わり?という期待を抱かずにはいられない。
しかし曲がった直後、更にキツイ傾斜を見た時のあの絶望感

速度6km/h、ケイデンス35でひたすら耐える。
脚よりもハンドルを引き続ける腕の方がきつくなってくる。
走行は斜度を緩和する為についつい蛇行してしまう。

ついに脚に感覚が無くなり、必死にハンドルを引き付ける手の握力も限界に達してきた。
頂上はまだか?頂上は?

そして、そしてついに、見えた!!
柳谷観音!!

PB250264.jpg
バスや車で拝観に来られたのだろう観光客が少なからずいた。

誰もいなければ迷うことなく、「登ったぁ~!制覇したぞぉ~」と雄叫びを挙げていたことだろう。

PB250267.jpg

よく頑張った俺。
よく頑張ったLook595.


心地よい秋の陽光に晒され、ほてった体をひんやり癒してくれる澄んだ空気。

「はぁ~、登ってきて良かった」

私の素直な感想だった。

ふと見上げると、色とりどりの紅葉が美しかった。

PB250266.jpg



PB250265.jpg
ロードシューズなので楊谷寺の中まで入っていくことは出来なかったが、私にとってもう今日はこれでOK。

頂上から大阪方面を見渡すと、ずいぶん高いところまで登ってきたことが窺える。

PB250268.jpg
そしてバナナを一本食し、後は反対側に下って帰路へと就いた。

私は今回の登坂で思った。
激坂を制する為には体力以外に、
傾斜を恐れない精神力と、全身の筋肉を活用するテクニック

、この2つも重要なファクターであるという事を。

PB250269.jpg
実に充実したサイクリングだった。

しかし、翌日間違いなく全身筋肉痛になることだけは覚悟しておこうと心に留めた本日でした。


……続く。

最後まで読んで頂き、感謝、感激です。
拍手、コメント
、それだけが励みです。よろしくお願い致します。
        ↓↓

opera595さんのランキング集計結果
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
113: by こーでぃ on 2012/11/25 at 18:48:53 (コメント編集)

お疲れ様でした!
向日町側からってことは長岡天満宮側からってことですか?

ルートラボで見る限り、京都から上るにはルートが2つあると思いましたが、
どちらのルートもすごい上りですね!
私にはとても登坂できそうにないです。

でもいつかは激坂を登坂してみたいなぁ。
クロスバイクじゃそもそもきついかな?

明日、筋肉痛がひどくないことをお祈りします。

114:Re: タイトルなし by オペラ on 2012/11/25 at 19:08:14

> こーでぃさん
コメントあざっす。

そうです、長岡側からです。
もうツールドフランスのアルプス並の平均斜度でした。
平均7~8%くらいでしょうか?
MAXでは20%くらいの所もあった気がします。
ヨーロッパのトッププロはあれを最高で30km/h近いスピードで駆け上がっていくことが信じられません。

でも今日の今だけは心地よい疲れを感じて、うつ症状も緩和されています。
明日は分かりませんが^^

Lookは今ワックスがけと注油をし終わってピカピカの状態です。

ルートラボご存知なら近場の適所も探しやすいですね。


115: by こーでぃ on 2012/11/25 at 21:19:48 (コメント編集)

またまたコメント失礼します。

ルートラボはつい最近知りました。
便利すぎてびっくりです^^

そういえば・・・自転車の整備、してない!
掃除も注油もなぁんもしてないなぁ。
したいんだけどやり方が分からないってのもありますが。
これも勉強、ですね。
整備について初心者に分かりやすく解説なぞしてるHPを
ご存知でしたら教えてください^^

116:Re: タイトルなし by オペラ on 2012/11/25 at 21:47:27

> こーでぃさん。

以下など如何でしょう?
http://www.cb-asahi.co.jp/html/maintenance.html
写真と動画で注油の仕方など解説されています。
しかし、ここまでやる必要は無いかと思います。

私はスプレータイプのディグリーザー(油落とし)でチェーンを磨き、以下私の記事で過去に紹介したオイルで注油しています。(チェーン1コマ1コマ面倒くさいですが)
http://opera595.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

2,3ヶ月に1回で十分だと思います。

ブレーキやディレイラー(ギア)等の稼動部もこまめに注油すればいいのでしょうが、逆に油汚れで汚くなってしまいます。
私はほとんどやっていません。(年に1回か2回)
基本チェーンだけです。

私の場合Lookだけはワックスで車体を磨いていますが、中には研磨剤入りのものもあるので注意した方が良い、というか自転車にワックスがけ自体必要ありません。あくまで趣味的なものなので。

昔は半年に一回くらい車用のシャンプーで水洗いしていました。
最近は古いTシャツでさっと拭くくらいです。

不明点などあればまたいつでも。

▼このエントリーにコメントを残す