プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

2016年12月のエントリー一覧

  • スポンサーサイト

  • Look595、ながれ橋から天ケ瀬ダムへ。

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。カーテンからこぼれる陽の光がフローリングの床を柔らかく照らしていた。窓から対面に見えるのぼりをみるとだらしなく垂れていた。どうやら今日は風の無い暖かい冬の一日になりそうだ。私は本能的に全裸になった。肌が直接空気に触れると少しひんやりした。「薬のお蔭かどうかは知らないがとにかく私は行きたがっているようだ。 そういえば今日はクリスマス。 ...

  • LOOK595とOPERAベルニーニのステム換装比較。ついでに一言。

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。某Yahoo天気予報は昨日私に与えられたチャンスを本日見事に生かしきった。予報通り午前中は晴れ、午後からはずっと曇り、かつ雨が今にも降りだしそうな空模様だった。信じてよかった。(外れてネタになってくれても良かったのだが)さてステムなのだが。今回私は数日前にネジ切った3Tステムとの縁を切り、既有のDedaステムを活用することにした。”Look595、3Tス...

  • 不平不満を吐き出してみる。

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。昨夜薬を飲み忘れた結果、今日は朝からほぼ寝たきりの状態だった。それでも昼過ぎに雨が降り出したのを言い訳に、どうせ今日は動けないからなどと自らを慰める事が出来たのは幸いだった。うつらうつらと過ごすうちに一日が終わりを迎えようとしている。辛うじて今ブログを書いていられるのは起きた時に慌てて飲んだ薬のお蔭なのだろうか。改めて、薬が創る人格に...

  • Look595、ステム換装して朝焼けに走る。

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。結局昨夜は眠れなかった。3Tが奏でたタイガーウッズ並みのチタン炸裂音が頭の中で繰り返されていたせいだろうか?パキッ!!美しかった。とても澄んだ高音だった。私は金属が破断する音を初めて聞いたのだ。一体どれほどの力が加わればあんなふうな音が出るのだろう?そう言えば、ボルトの上半分はネジ穴に留まってはいなかった。つまり折れた瞬間自力で逆回転し...

  • Look595、3Tステムのボルトが破断しDedaと復縁する。

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。LOOK595のHeadFit調整をその場限りの工具を購入してまで無事やり遂げた私。Look595、HeadFitとかいう???なシステム。記事でも述べた通り、せめて1200円+手間賃くらいの改善効果を、たとえそれがプラシーボだとしても獲得する必要が私にはありました。どんな些細な変化も逃さず体感できるよう、私は可能な限り自分の心を無の状態に近づけました。その結果限り...

  • Look595、HeadFitとかいう???なシステム。

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。LOOK595のヘッドセットはちょっと変わっています。一般的なカーボンコラムのヘッドセットならば、コラム内のプレッシャープラグをヘッドキャップで吊り上げて玉当たり調整を行いますが、LOOK595はそれとは全く異なったシステムを採用しています。HeadFitという独自のシステムによってプレッシャープラグは廃され、ヘッドキャップはただの蓋としての役割しか担っ...

  • ある日の心療内科にて……

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。「どうでしたか?調子は」診療は決まって先生のこの言葉で始まる。私はまとまらない頭のままで、とりあえず思いついたことから話し始める。「え~っと、頭痛の頻度も減りましたし、割と昼間外に出られるようにもなってきました。 それともし頭痛になったとしても市販のEVEで……」先生は一生懸命目の前のカルテに私の発言を書き留めていく。「……に出られるよ・う...

  • Look595、持越峠と京見峠を越え生の喜びに浸る。

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。今日は久しぶりによく眠れた。朝、いや昼近くになって起きるとカーテンから明るい光が洩れていた。「行くしかないだろう。これは」昨日暖を求めてひたすら南に下った結果、むしろ恐ろしい北風で凍えて帰ってくることになった悲しい思い出を胸に、私は今北上を決意した。とりあえず冷蔵庫から何か食べるものを……全く空だった。確かエネルギーゼリーがその辺に……全...

  • Look595、コタツと追い風とながれ橋。

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。コタツの呪縛によって部屋の片隅でボーッと過ごしていた私。「ありがとう、この部屋の片隅に私を縛りつけてくれて」そんなどっかの映画館で最近聞いたようなセリフが、ふと頭の片隅に浮かびました。その言葉を打ち消すべく、私は次の言葉を頭の中で呪文のように繰り返しました。「とにかく動かないと。 留まっていたらヤバい。 また思考も身体も固まったまま凍...

  • 西遊記の謎に触れてチョット面白かった話。

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。(注)以下、真偽のほどは定かではありません。西遊記。香取**とか唐沢**とかのバージョンではありません。故夏目雅子が演じた、女性ゆえにその清廉さやか弱さを逆に引き立たせることに成功した三蔵法師、堺正章(孫悟空)と西田敏行(猪八戒)のまるでコントのような掛け合い、そして岸部四朗(沙悟浄)のやる気が有るのか無いのか分からない一種独特な存在...

  • Operaベルニーニ、色々な愛のかたち。

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。借りていた本を返しにベルニーニを駆って図書館に行きました。館内の掃除をしていたおばあさんと目が合った瞬間、「背ぇ高いねーえー」と大声で言われたので、私ははにかみながら「どうも」と返しました。すると、何を考えたのかおばあさんは更に私にこう返してきました。「かっこえーなー」。瞬時に周囲の視線が私に集まりました。恥ずかしさのあまり危うく死に...

  • 頭痛と不二家アーモンドチョコレート。

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。今日も不眠に憑りつかれたまま朝を迎えた。メリハリが肝心と、取りあえず布団からソファーへ居場所を移したものの今度は頭痛に憑りかれた。現在”何とか”という心療内科で処方された頭痛薬を常用している。主治医によると「この薬で精神性の頭痛は抑えられますから」ということなのだが、「本当ですか」と思わず呟いてみた。「これを服用しても症状が出てくるのな...

  • Look595、復調し余計な事を色々考えながら走る。

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。昨日の投稿で率直な心境を吐露したのが幸いしたのか、昨夜は昼間あれだけ眠っていたにも関わらず眠剤の投与と共にあっけなく深い眠りに落ちた。朝の目覚めは爽快だった。恐ろしいほどにおめめパッチリだったのだ。”思い”というのも食べ物と同様で、消化だけではなく排泄まで行う事が重要なのだろうか。思いを文章に著すことを排泄と表現するのが適切かどうかはさ...

  • 頭痛に沈む一日。

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。朝、いや昼か。目覚めた時やっぱり頭痛は続いていた。昨日の夜から始まったこの感覚は、すでに日常の一つとして私の体に馴染みつつある。寝たはずなのに更に眠ろうとする頭。動こうとする意志は途端にストレスに変わり、その堂々巡りが更に頭を締め付ける。もしかするとこの眠気は、そんな循環を断ち切ろうとする本能の働きなのか?動けば動いたでどこかに残る罪...

  • 初めて嵐山花灯路なるものに行ってきた。

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。京都で花灯路が始まりました。花灯路とは、毎年”灯り”をテーマとして東山地区と嵐山地区において実施される街のライトアップ行事です。近年、京都の晩秋の風物詩となりつつあるようです。「観たことないし、ちょっと嵐山行ってくるか」と、最近割とアクティブな私。この寒空の下、わざわざ夜の嵐山まで赴くことを私に決意させたのは、「この機を逃せば今後いつこ...

  • 『この世界の片隅に』の原作を読んで”居場所”を考える。

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。『この世界の片隅に』の原作漫画を購入し、現在熟読中の私です。三巻構成の中巻にこんなセリフがありました。すずさんの友達”リンさん”がすずさんに対して優しく語りかけるセリフです。「誰でも何かが足らんぐらいでこの世界に居場所はそうそう無うなりゃせんよ。すずさん」居場所……。1.居る場所。2.居られる場所。3.居ても良い場所。4.居るべき場所。一...

  • 今年最後の紅葉を求め、嵐山鹿王院へ。

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。嵐山渡月橋を渡ります。まだ辛うじて落葉していないモミジも見つけることが出来ます。分かりにくいですが、鹿王院です。鹿王院は足利義満が建立した宝幢寺の塔頭(たっちゅう)で、山号を覚雄山と言います。宝幢寺は応仁の乱で焼失してしまったので、現在は単独で残されています。ここは同じ嵐山とは思えないほどの静かさ。何しろ渡月橋から約1kmほど下った場所...

  • 京都、清水寺から八坂までをぶらぶら歩き、思う。

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。このまま放っておくと間違いなくお蔵入りだと思ったので、一ヶ月以上前の事で誠に恐縮ですが、写真保存の為、引いては個人的記憶保存の為に今更ながらUpします。よって季節感は皆無です。あらかじめご承知おき下さい。放心状態で散歩をしていると、こんな所に迷い込みました。清水寺です。シーズンでもないのにえらい混みようです。一体何があったのでしょうか?...

  • Look595、眠れない夜を超えて北山杉の里へ。

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。眠剤を飲んでも中々寝付けない夜。一旦休戦とばかりに布団を抜け出した時、壁の時計は朝四時を指していました。「これは明日、というか今日も消滅してしまうな」そんな諦観の念を抱きながら、私は先日あるおじいさんのお蔭?で強制的に借りることになった文庫本に手を伸ばしました。トルストイ『クロイツェル・ソナタ』。「暗い、暗すぎる。 少なくとも今私が読...

  • Operaベルニーニ、東福寺から光明院まで。

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。最近私から割とひいき目の扱いを受けているOperaベルニーニ。今回も見事私の足としての役割を担うこととなりました。走りも楽しみたい。でも現地での機動性を考えてシューズはSPDだ。駐輪に適しているとは言えない。でも観光する位ならまあ大丈夫だろう。よく言えば万能選手、悪く言えば中途半端。そんなベルニーニに、このところ私の愛情が止まりません。目的地...

  • Look595、バーテープを交換してちょっとテンション↑となったので走らざるをえなくなった。

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。バーテープを白から黒に交換しました。Look595において初の黒です。ついでにサドルを3㎜ほど前にずらし、ステムを5㎜下げ、バイク本体とは関係ありませんがシューズのクリート位置を3㎜ほど前にずらしました。上が現在、下が過去なのですがどうでしょうか?日の当たり方とかの問題はありますが、それでも何となく全体が引き締まった感じになったような気がします...

  • ある日の図書館にて。

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。およそ一か月ぶりだろうか、図書館に行った。断っておくが読書に対するモチベーションを上げるべく先日書いた『山の音』のレビューの効果が突如として現出したという訳ではない。どちらかと言うと、これまで途切れることなく続いてきた読書欲が何故今月に入ってぷっつりと切れてしまったのかという事態に困惑している自分がいて、それならば特に目的は無いのだけ...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。