プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

2016年01月のエントリー一覧

  • 鴨とおばあさんの世界。

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。いつものどぶ川にいつもの鴨の群れが浮かんでいました。最近は鴨の世界でも文化の多様化が進んでいるらしく、群れは三種類ほどの鴨的な奴らで構成されていました。マガモとカルガモは明らかにその容姿も色彩も異なっています。しかし奴らは至って普通に仲良くたむろしています。一体奴らはどこでお互いにお互いを仲間だと判断しているのでしょうか?人間が勝手に...

  • やばい気がする。

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。久しぶりの更新ですが、ほとんど惰性で書いています。最近はもう全く何もやる気が起きないというか、やれる気がしないというか、もっと突き詰めて言ってしまうと最早何もしない事も出来ないという意味不明の状態に達しているような気がします。先日心療内科で突然の血液検査を強要され、翌週結果に異常のない事を確認された私は更に睡眠剤の増量を課されてしまい...

  • 『行人』を読んで。

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。夏目漱石の後期三部作の二作目『行人』を読みました。何かと考えさせられたので久しぶりに読書録として挙げようと思います。本作の主人公の一人、一郎は人知れず悩んでいます。絶対である自(自分)とその相対である他(他人や社会或いは物)との関係。そして自他を入れ替えたときに起こる関係の逆転。私が所有しているものは私を所有していることにもなるのだ。...

  • 姫路城。

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。実家から京都に戻る途中、時間に余裕があった私は高速を姫路で降り、世界遺産姫路城へ赴くことにしました。姫路城周辺は慢性的な渋滞のように見え、天守が見えてから駐車場にたどり着くまでに結構な時間を要しました。車から降り、公園の方に向かって歩いていく内に、白塗りの巨大な建築物が見えてきました。まるで春先のような天候にも恵まれ、私のテンションも...

  • 2016年正月帰省。母のスナップに見た生き様。

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。帰省していました。京都を発つ日、きちんと朝起きられるように睡眠剤を多めに服用したのが災いし、目が覚めると昼の二時を回っていました。急いで用意をして車に乗りこんだものの、瀬戸大橋を渡る頃にはとっぷりと日が暮れていました。以下は与島SAでの写真です。無事帰省した私は、どこか居心地の悪い実家の居間で夕食のテーブルに着きました。次から次へと繰り...

  • Operaベルニーニ、2016年走り初めと二回目のおみくじ。

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。2016年元日、とりあえず走り初めをしました。元日の嵐山は特に普段と変わることのない様相を呈していました。カメラを構えて練り歩く外国人観光客、威勢のいい中国人の一団、そして藍に染まった桂川を渡る古式ゆかしい渡月橋。一つ平生と異なる様を見せていたのは、人力車の正月飾りでしょうか。私も自転車にしめ縄でも飾っておけばよかったなんて思いました。走...

  • 2016年元日、新年明けましておめでとうございます。

    皆さん、どもども。うつを背負って人生ヒルクライム中のオペラです。とりあえず一昨日12月30日、走り納めをしました。まあ、腰の調子もまずまずで良かったです。そして2016年1月1日、新年明けて早々私は近所の神社に詣でました。いわゆる初詣です。去年と比べると比較的暖かな夜です。そんな気候的要因も手伝ったのか、境内はたくさんの参拝客であふれていました。私は参道の最後尾に並んで、参拝の順番を待ちました。やがて順番が...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫