プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

2014年10月のエントリー一覧

  • 今日ハロウィンらしいのだが。

     皆さん、どもども。うつでボッチのオペラです。現代の日本において、本日10月31日はハロウィンらしいです。今の私には全く縁のないイベントなのですが、一体いつからこのイベントが日本でこんなにもメジャーになったのでしょう?とにかく日本は欧米の文化を(主に商用で)うまく取り入れます。悪く言ってしまうと、好んで自分から文化侵略されに行っています。私としては、盆踊りとか、秋田のなまはげとか、ひな祭りとか、逆...

  • 狂ったように泣き叫ぶ女性。

    皆さん、どもども。うつでボッチのオペラです。先日のこと、郵便受けに私のマンションの管理会社からこんな内容の通達が入っていました。「……夜中に大声(けんか)を出すのは止めてください……」これを見て私は即座に見当がつきました。「あ、隣の若夫婦だ」彼ら夫婦が引っ越してきたのは今から数か月前。菓子折りと共に引っ越しの挨拶をしに来られた時、彼らは結婚して間もないハツラツとした旦那と控えめな奥さんという印象でした...

  • 儚い掃除機の運命。

    皆さん、どもども。うつでボッチのオペラです。久しぶりに部屋の掃除をしました。掃除機を引っ張り出してきて、このところやたら目につき始めた塵や埃を一網打尽です。しかし掃除機は私の思い描く活躍を見せてはくれませんでした。「パックがごみで満杯になっているのだろうか?」私は掃除機の蓋を開けて、ごみが大量にたまっているはずのパックを取り出して確認してみました。意外な事にパックの中はスカスカでした。「おかしい、...

  • 麻雀放浪記、ドサ健の言葉。

    皆さん、どもども。うつでボッチのオペラです。今日の京都は肌寒いです。あんなに暑く長く感じた夏も、今思えばまるで流れ星の一瞬のきらめきのように足早に過ぎ去ってしまいました。ふと壁を見上げると、カレンダーが3月のままで止まっていました。今年の私の時の流れは、寿命を迎えゆっくりと明滅する蛍光灯のようです。そんな感傷に浸りながら最近になって何故かよく思い出す事があります。麻雀にハマっていた高校大学時代、私...

  • ヤバいよ、おじいさん。

    皆さん、どもども。うつでボッチのオペラです。散歩で良く通る小道に交差点があります。交差点と言っても、縦横とも幅が5mあるかないかで車2台が辛うじてすれ違える位の小さな小道です。信号はありませんし、もちろん人も車もほとんど通りません。そんな弱小過疎交差点に、たまにおじいさんが立っています。そのおじいさんなのですが、どうやら自主的に交通整理をしているようなのです。現役を引退して時間を持て余しているので...

  • Look595、久しぶりに山へ。

    皆さん、どもども。うつでボッチのオペラです。今日はまるで初夏を思わせるような見事な秋晴れでした。という訳で、このところ交流を途絶させていた我がLook595で久しぶりの入山です。潔く、あくまで男らしく全裸になった私は、パールイズミのショートレーパンにベルギー古着のロングスリーブのジャージを身にまとい、ジロのヘルメットにアディダスのシューズ、それにオークリーのサングラスとナイキのグローブを組み合わせ...

  • 平安神宮、中国の呪縛。

    皆さん、どもども。うつでボッチのオペラです。秋も深まる今日この頃。うららかな日差しに誘われ、たまには心の浄化でもと思い立ち、ルイガノ号で平安神宮へと参じることにしました。しかし東大路通りの交通量や人ごみに対する殺人的な道幅の狭さは何とかならないものでしょうか?この通りを自転車で走るのは、最早自殺行為、度胸試し、車への嫌がらせ以外には考えられません。京都は市内に恐ろしい数の文化財や観光地がありながら...

  • 戦場だった布団、傷つかない私。

    皆さん、どもども。うつでボッチのオペラです。最近は睡眠剤無しでも眠れるようになりました。過去を振り返ってみると、現在のこの状況はまさに奇跡のように思えます。少し前まで、私にとって布団は毎夜不眠と闘う為に用意された戦場でしかありませんでした。夜も更け、人として寝るべき時間が迫ってくると、いつもある種の恐怖に似た感情が沸き起こってきたものです。「今日こそは眠れるのか? いや、今日もダメな気がする。 で...

  • ある日のカーディーラーにて。

    皆さん、どもども。うつでボッチのオペラです。ある日の事、私は車検の見積もりの為に懇意にしているとあるカーディーラーに赴きました。到着してすぐ車を検査に預け、納車から良くしてもらっている営業担当さんと暫しの雑談。営業さん曰く、最近はどこのメーカーも日本では不景気なようで、国内の損をかろうじて海外で埋め合わせているという実情らしいです。確かに辺りを見回すと、休日にもかかわらず人影はまばらで、客よりもス...

  • グキッと、右ばかり。

    皆さん、どもども。うつでボッチのオペラです。ある日の事、足を踏み込むたびに相変わらずキュッキュッと鳴き声を上げるジョギングシューズの恥ずかしさを払拭する為に、私はまるで暴れ馬が飛び跳ねるような大げさなフォームで走っていました。苦しいのでほとんど前を見ていません。恥ずかしいので人と目を合わせません。なので当然つまづきました。そして右足をひねって足首と甲のあたりを痛めることになったわけです。怪我自体は...

  • 2014ジャパンカップ ロードレース。

    皆さん、どもども。うつでボッチのオペラです。ジャパンカップのロードレース部門を制したのは、ガーミンシャープのネイサン・ハースという25歳の若者でした。親しみを込めて”姉さん”と呼ぶことにします。姉さんは昨日のクリテリウム優勝のさっとん君同様オーストラリア人で、大体178cm/70㎏くらいのナイスガイです。姉さんは2011年にも優勝しているので、ジャパンカップ制覇はこれで2回目です。しかしオーストラリア人、日本の...

  • 2014ジャパンカップ クリテリウム。

    皆さん、どもども。うつでボッチのオペラです。インターネット放送で2014年ジャパンカップクリテリウムの中継実況をやっていました。(ちなみにメインは明日行われるロードレースの方なのですが、TVの有料放送でしか観れません)クリテリウムなのでほぼ平坦な周回コースをグルグル周って競争します。現地で観ているお客さんにとっては目の前を選手が何回も通過するので楽しそうですが、放送で見る分には展開が乏しくロードレ...

  • 涙とうつ。

    皆さん、どもども。うつでボッチのオペラです。毎日頑張って歩いたり走ったりしています。まさか自分でもこれほど長く続けられるとは思ってもいませんでしたが、人間やればできるもんです。そして、この経験を通して確実に一つ言えることは、適度な運動は間違いなく心に好影響をもたらすという事です。うつなどの精神疾患は、心への強いストレスによって生物の本能的な働きが低下してしまう症状だといいます。そしてその本能的な部...

  • ある日の心療内科にて、おばさん……。

    皆さん、どもども。うつでボッチのオペラです。通院の度に減薬著しい今日この頃。前回の診療においては、診療室内でついに睡眠剤の廃止論までもがささやかれ始めました。(ささやきだしたのは私ですが)今回の診療ではどんなご褒美を賜ることが出来るんだろう?期待しすぎてよだれを垂らしてしまうパブロフの犬の気持ちがちょっとだけ理解できる気がします。いつもの時間、いつもの待合室。人もまばらなその空間で、私は読みかけの...

  • 帰省、頭痛を抱え帰京。

    皆さん、どもども。うつでボッチのオペラです。謎のオジサンとの邂逅を乗り切り、翌日にはそれをほぼ忘却のかなたへと追いやって私は実家で呆然とした毎日を過ごしていました。そして京都へ舞い戻る前日、私は微かに感じる頭痛に悩まされていました。それは私の中では予想されていた事でした。精神的ストレスからくるいつもの奴です。ここのところ全く出てきませんでしたが、その症状は自分の中では消化できず、かと言って外部に発...

  • 帰省、謎のオジサン。

    皆さん、どもども。うつでボッチのオペラです。「観光客?それとも地元?」堤防でまどろんでいる私の横を通り過ぎ、振り向きざまにオジサンは私にそう問いかけました。「あっ、京都からですけどここ僕の地元なんです」不意を突かれた攻撃にちょっとびっくりしてしまいましたが、遠くから割と大きな声で独り言を呟きながら歩いてくるオジサンの雰囲気から何となく声をかけられるのではないだろうかという予感もあったので、まあ想定...

  • 帰省、海へ。

    皆さん、どもども。うつでボッチのオペラです。実家に到着し、その翌日です。昼前まで惰眠を貪っていた私ですが、午後まるでうららかに微笑んでいるように輝くお日様に誘われるように散歩へと赴きます。日々の習慣としてこれまで堅守してきた散歩をさぼることに対しては、意味不明の強い罪悪感を感じるようになった今日この頃です。河口近くに居を構える実家からは海が見えます。とりあえず河川敷に降りて、海を目指して歩き始めま...

  • 帰省、明石海峡大橋編。

    皆さん、どもども。うつでボッチのオペラです。約1年ぶりでしょうか、実家に帰ってきました。ここ京都から車で淡路島を縦断して四国までの道程です。今乗っている車がオートマというのもあって実に暇なドライブです。じっと座っている事が仕事の約5割を占めます。残りの5割はと言うと、車のインパネに表示される燃費計の数字を少しでも上げようとアクセルワークに細心の注意を払う事です。マニュアルミッションで暴力的なパワーを...

  • Look595、I Love JunkFood !

    皆さん、どもども。うつでボッチのオペラです。朝夕の冷え込みを感じるようになったここ京都です。そして、あんなに不快だった夏の蒸し暑さを懐かしく思い始める我がままな私です。台風一過ということもあり、晴れてはいるけれども風が強く吹きすさぶ午後、私は北へ向かってLook595を走らせました。自転車道の京都側終点(始点)がちょっとだけ延長され、渡月橋までそのまま乗り入れられるようになっていたことに気付いたの...

  • ガンダム、Gのレコンギスタ第1話を観て。

    皆さん、どもども。うつでボッチのオペラです。子供のころからガンダムのファンです。ガンダム、Zガンダム、(ZZは飛ばすとして)、逆襲のシャア、そしてガンダムUC。いわゆる正史(宇宙世紀)シリーズというやつでしょうか。これが私の知るガンダムで、逆にこれ以外のガンダムシリーズは知りません。そんな正史シリーズに続編が出来ました。『Gのレコンギスタ』監督はガンダムの生みの親である冨野由悠紀氏だそうです。とい...

  • 京都の秋。

    皆さん、どもども。うつでボッチのオペラです。冷たく湿った風が吹きすさぶ土曜の夕刻、私は近所の公園を散歩していました。子供が落ち葉を投げ合って狂喜乱舞していました。よくある光景です。自転車に乗った金髪スウェット姿の女性がマスクを口からズラしてタバコをふかしていました。健康に気を付けたいのか病みたいのかよく分かりません。めずらしい光景です。犬を連れた老人が大勢散歩をしていました。遥か向こうに、まるで...

  • 継続はカレーなり!

    皆さん、どもども。うつでボッチのオペラです。晩御飯にカレーライス。今日で20日目です。そして更に4日分、今日作りました。24日確定です。カレールー、野菜と肉を購入した当時、まさかこんな事になるとは想像だにしていませんでした。作っているうちにだんだんルーと食材をうまく同時に使い切る事が出来なくなり、足りない方を買い足していくうち、やがてそれは無限ループへと突入しました。しかし不思議な事に飽きません。カレ...

  • 香港デモは米(日)の合作?

    皆さん、どもども。うつでボッチのオペラです。香港でデモが盛り上がっています。台湾の時もそうでしたが、やはり国を動かすほどの力を発揮するには若いエネルギーが必須のようですね。ところでこのデモ、私にはどうにも不可解な部分が多く感じられるのです。1.リーダーが17歳。 若い、若すぎる。 そしてもっと不可解なのは、若いのに手際が良すぎるという事です。 更にはその規模。かなりのお金がかかってそうですね。 明ら...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫