・復職への道(最終話) ・復職への道(その4) ・復職への道(その3) ・復職への道(その2) ・復職への道(その1)。

プロフィール

オペラ

Author:オペラ

※所有バイク
Look595
Operaベルニーニ
ルイガノXC-Race

愛車Look595

最新記事

最新コメント

カテゴリ

おすすめ(ロードバイク)











おすすめ(本)













ブログ村このブログの記事

RSS

カテゴリ:■復職への道のエントリー一覧

  • 復職への道(最終話)

    皆さん、どもども。うつでボッチのオペラです。私の目の前に立っていたのは、以前復職に向けての面談でお世話になった”どんな問題にも真摯に対応して頂けそうな老齢の紳士(そして昔話を語るのが大好き)”略して『真摯な紳士』でした。その真摯な紳士は某世界的大企業を定年退職後、人事つながりでわが社へ良く言えばメンター的な、悪く言えば限りなく天下り的な感じで再就職された、基本的に週3日出社で休職中の社員の面倒を見ら...

  • 復職への道(その4)

    皆さん、どもども。うつでボッチのオペラです。運命の復職日を明確に伝えられたその刹那、私の中の底なしの砂時計が綺麗に天地反転しました。この砂が全て奈落の底に抜け落ちたその瞬間から、私は(晴れて?)社会復帰となるのです。同じ新しい社会生活への参加とは言っても、新入社員の頃のように希望と不安がほぼ等分に入り混じった心境とはまるで異なります。今の私の心の中は不安と後悔と恐怖が大勢を占め、目を凝らして注意深...

  • 復職への道(その3)

    皆さん、どもども。うつでボッチのオペラです。熱血冷血人事: 「オペラさん、ファイナルアンサーを明示してください。  C部長は非常に前向きです」(クイズみたいに言うなっ! それ正解とかあんのか!?)人事担当からの問いかけに思わず突っ込みを入れてしまいました。この人どうやら少し癖のある方で、これまでも色々ずれてて面白い言葉や比喩を使っていました。まあそんな事はどうでもいいのですが、いよいよ私の意志で判...

  • 復職への道(その2)

    皆さん、どもども。うつでボッチのオペラです。ドキドキの毎日を過ごし、ついに面接の日がやってきました。本当に時間だけは万人に公平だと思いました。そして、ときに非情でときに慈悲深く、普段はその存在を感じさせません。よく考えるとまるで神様みたいだな、なんて思いました。朝、いつものようにジョギングで健康的な熱い汗を流し、昼、面接の身支度を整えながら不健康な冷たい汗を流しました。そして未だ迷いから抜け出せな...

  • 復職への道(その1)。

    皆さん、どもども。うつでボッチのオペラです。以前の記事で”復職の原則は元の職場への復帰”という事実を突きつけられた私の反応を書きました。復職?退職?、眼前に立ちはだかる高い壁。その後の私の涙ぐましい努力?と哀願?によって、予想外だったのですが念願の部署異動を獲得することが出来ました。『環境を変えるのは難しいので自分が変わらなければならない』などとよく言いますが、頑張ってもがいていると環境の方が変わる...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫